『レナードの朝』発達障害にコンサータは無効でPTSDの負の連鎖

レナードの朝(Awakenings)』等の名作で知られる

米映画監督

ペニー・マーシャル(Penny Marshall)氏が

75歳で亡くなりました。

死因は糖尿病による合併症

「レナードの朝」の画像検索結果

この作品は

こころの病が

作品は精神病ではなく

ウイルスが原因の嗜眠性脳炎

クスリで劇的に治ることがあるかもしれず

そうなれば

患者さんは大変な幸福感に満たされるであろうけれども

長続きしないことを教えています。

 

30年も眠っていたならば

つくられた発達障害状態ですから

恋をして外出したいと願い出るが

経過を慎重に観察したいと反対され

怒って暴れだしたあと

凶暴になり

母親はショックを受ける。

並行して

こころのケアを行う必要があるということでしょう。

 

また

レナードが回復している時は

他の患者さんにもクスリが劇的に効き

レナードが悪化していくと

他の患者さんも同じように元に戻り

以後は誰にもクスリが効かなくなったというのは

 

後天的器質的な神経病と言っても

ヒステリー性(心因)の部分が大きいのではないかと思わせる表現です。

「伝染ルンです」の画像検索結果

PTSD(ヒステリー)は無意識のうちに真似る病

母親がショックを受けたのは

PTSDの負の連鎖

おとなしかったレナードが暴れたからですが

昔から

「手のかからない良い子」はこころを病みやすく

ウイルスに感染したのも

免疫力が低下していたからかもしれません。

 

映画自体はフィクションですが

原作は

患者の名前等も書かれている

今ではありえないノンフィクション

今の薬漬け医療に示唆を与える内容であると思います。

「PTSD予防」の画像検索結果

発達障害にコンサータなんてまだ信じてる?

 

2 thoughts on “『レナードの朝』発達障害にコンサータは無効でPTSDの負の連鎖

  1. ドラゴン🐲

    今は 凄くそう思います
    心の問題解決に薬は要らないです

    薬で心の問題をラッピングしても
    それはその時だけですからね

    日本の包装紙文化を少しだけ減らして
    プレゼントそのものの意味を考えた方が良い時ですね…..

    今、クリスマスプレゼントのラッピングにヘキヘキしてるドラゴン🐲の言い訳かも….

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      時間が経つとわかることもありますよね。
      私も以前はこういう見方はしていませんでした。

      トラウマを包み隠そうとするのは、よくないですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です