『逃亡者』の時代のPTSD

1993の映画で

1954に起きた事件をもとに

1963につくられたドラマのリメイク

 

主人公が

無実の罪で死刑宣告を受け

PTSD症状をこらえながら

全身全霊で行動し

無実を証明してゆくお話ですが

現実では

こういうことが多いから

『崖の上のポニョ』が生まれた

「ポニョPTSD」の画像検索結果

 

1人の保安官も

人質になり

こめかみに銃をつきつけられた状態で

犯人が射殺されたあと

 

「耳が聞こえない」と訴えます。

「PTSD予防」の画像検索結果

死の恐怖で急性ストレス障害発症

失聴もPTSD

 

しかし

先輩保安官に話しかけられると

普通に応答し

最後に

「聞こえるか?」と聞かれると

「ああ」と言っています。

理解したうえで

ラポールが形成されやすい

話しかけをしているからかも

 

居合わせた女性も

恐怖で泣き叫びますが

先輩保安官が

「黙れ!」と言うと

即座に無言になりました。

是非はともかく

「戦争中はノイローゼが少ない」そうです。

 

当時のヒステリー(PTSD)イメージです。

 

よく理解しているのが

保安官というのも興味深いですね。

 

原宿署で拳銃自殺した若い警察官にも

2日午後10時すぎ自殺

初詣に伴う混雑警戒の交通課勤務で

元日未明に

暴走した車が8人をひく事件に遭遇

 

こんなPTSD予防教育があればよかったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です