「春の七草」食べても食べなくてもPTSD予防教育

本日は

人日の節句なので

朝に

7種の野菜が入った

「七草粥」を食べると

1月7日なので。

邪気を払い万病を除くと古くから言い伝えられてきました。

地表に生まれたばかりのこのような

植物(木気)は

春の息吹を感じさせる貴重なイメージですが

包丁(金気)には弱いので

大急ぎで刻むという

「七草囃子歌」の画像検索結果「七草囃子歌」の画像検索結果

気の使いようです。

「金剋木」の画像検索結果

人のこころが立ち直るときも

木気のようなものを

優しく見守ることが大事です。

水や肥料をやりすぎたり

向精神薬は根腐れを起こす。

無理にひっぱらないことですね。

認知行動療法の理屈では動かない。

本来は

来月に行う行事ですから

(新暦になったので)

今朝いただくかどうかは

どうでもよい話ですが

(昔から朝食は食べない人が多い)

考え方(哲学)は普遍です。

17 thoughts on “「春の七草」食べても食べなくてもPTSD予防教育

  1. ドラゴン🐲

    「人のこころが立ち直るときも……
    向精神薬は根腐れを起こす。
    無理にひっぱらないことですね。
    認知行動療法の理屈では動かない。」

    トラウマ理論に到着する前までは何度も元気になったフリの繰り返しでしたー落ちた時には薬を飲んで感情の動きを止めて何も感じなくする事でホントの自分を麻痺させていたのですー自分を麻痺させて良い子の自分に愛着を感じてたのかもしれませんねー8年くらい前にネットの有料相談の自称CBTの専門家の精神科医に薬を一生服用しながらいかにより良く生きて行くかを考えて下さいと言われたのが敗因ですードラゴンは無理に自分をCBTにハメてみたのですーでも、表面的にはブリリアントに綺麗になるのに何か腑に落ちないところがあるのですーたぶん、治療者が無理に引っ張っても結果は見えているのだと思います

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      内的(こころ)適応と外的(社会)適応という言葉を思い出しました。
      もともと外的な環境が何を望んでいるのかよく気づき、自分がないほど過剰適応気味の人たちですから、ひっぱりやすいんですよね。
      問題を強化しているのだとわかりました( ..)φメモメモ

      返信
      1. Dragon

        おはよう😃ございます

        内的適応をするための治療がトラウマディールなのですね

        Franomaさんが別記事で提示して下さった機能不全家族の事も関連してますねー
        外側からはポッシュに見える家族でも内側で行われてる養育が子どもに矛盾した思考を形成させるーperpetrators の目に見えない戦略が子どもの二重思考を形成するって考えてます

        二重思考に苦しんでる人は多くいるのに外的適応のみの完治を目指す治療に疑問を感じているドラゴン🐲です

        繰り返す依存症患者は外的適応のみの治療をしているのですよね

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          そういうことになりますね。
          専門家は、治療の基本をおさらいせねばなりません。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            そう願います
            治療の基本というよりか、その専門家の人間性だと思います
            以前、オンライン上で「二重思考丸出し!」と専門家と称する方に中傷された事がございますーなぜ、患者が二重思考になるのかを考えてる専門家であれば、ああいう誹謗中傷は出来ないと予測しているドラゴン🐲ですー専門家と称する治療者にもピンからキリまであるのだとメルにかなり慰められた事を思い出します

          2. 翠雨 投稿作成者

            鋭いご指摘💦
            心理療法は人間関係で癒すので、人間性そのものですからね。
            頭を指導されると嫌なものです。メル先生がいてよかった💕

  2. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    「心理療法は人間関係で癒すので、人間性そのものですからね」

    ですから、合理的で金儲け主義のカウンセラーと二重思考に苦しむクライアントがカウンセリングルームで人間関係を築いたら…….苦痛は高まるばかりですね

    当時、ドラゴン🐲はネット上で日本の専門家に「二重人格丸出し」と言われたときにツボを突かれてショックだった事と同時に酷く傷つきましたーネット上とはいえある程度信頼してた専門家の一人だったのですが、その事でその人の人間性を垣間見た気がしましたーメル&急遽参加した精神科医2名と4人のクライエントのグループセラピーで「たぶん、その専門家も二重人格的特性からそういう発言をしたのかもしれません……」という言葉に 正にその通りかもしれないと妙に納得してしまったドラゴン🐲でしたーそれ以来ですーたとえ、どんなに実績のある専門家でも自分に合わなければ何も役には立たないって理解出来たのは…治療者選びは難しい

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      自分に合わないと感じて離れてゆくのが正常で、「相性」以前の問題のような気がします。
      おそらく、その実績もよくみれば妙なものだったりするのでしょうが、厚労省には、国家資格の前に、こういう野良犬をなんとかしてほしいものです。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        ええ お行儀悪い野良犬は共通してやたらとキャンキャン吠える習性があるようです

        返信
      2. ドラゴン🐲

        一つ言い忘れました
        以前、1ヶ月間の間に色々な目的を持った人たちにフォローされていた時には 国家資格所持者がその権力行使してまでもフォローしてくる恐怖を感じた事がありますーある事ない事を勝手な思い込みで解釈してる様子に腹立たしさを感じた事もー今思えば、単にその人はネタが欲しいだけだったみたいでーそういうのがみえてくると信頼関係は築けませんよね

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          回転寿司🐡🐟🎣🐠で遊んでればいいのに、いい迷惑ですね(^_-)-☆

          返信
          1. ドラゴン🐲

            きっとその方は回転寿司のトロとイクラの違いの象徴の違いを説明する事は出来ないと想像しますーとりあえず、どちらかを患者の口の中に入れてみて美味しいって言うかどうかを待つだけみたいな…解釈をするのでしょう

            何が治療になり得るのかって、人によって全く違うのですねーそれを教えて下さった翠雨先生に感謝❤️

          2. 翠雨 投稿作成者

            人工いくらも最近はよくできていて、色素+砂糖水のジュース(要素は同じ)で慣らされると見分けがつかなくなるそうです。
            発達障害もどき(実はPTSD)とかに通じる話ですよね。

  3. あ*=franoma

    傍から失礼します。
    コメント
    https://ptsd.red/2019/01/07/%e3%80%8c%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%8d%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%82%82%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%a6%e3%82%82ptsd%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%95%99%e8%82%b2/#comment-17673
    のなかにある表現
    「合理的で金儲け主義のカウンセラーと二重思考に苦しむクライアントがカウンセリングルームで人間関係を築いたら…….苦痛は高まるばかり」
    に同感です。
    「合理的で金儲け主義のカウンセラー」とは、
    ①「歴史的身体(←無意識 ≒ こころ)は機械論的合理主義には従わない」観察事実を共有しておらず、
    ②「金儲け主義のカウンセラー」とは国民健康保険にタカることで安定した収入をゲットしたいから、トラウマ否認の精神科医の下で働くことも厭わない…という状態と考えられます。

    機械論的合理主義 site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2JfF5rm

    「国民健康保険にタカることで安定した収入をゲットしたい」のを実行に移しつつあるのが、きょうクリいんちょう先生でしょう。医師としての処方権をキープしつつ公認心理師としてカウンセリング保険点数を稼ぐストラテジーにスイッチする模様です。
    https://ptsd.red/2018/08/16/%e7%b1%b3%e6%95%99%e4%bc%9a%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e6%80%a7%e7%9a%84%e8%99%90%e5%be%85%ef%bc%97%ef%bc%90%e5%b9%b4%e9%9a%a0%e8%94%bd%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%82%af%e3%83%8f/#comment-16593
    に書きました。

    「以前、1ヶ月間の間に色々な目的を持った人たちにフォローされていた時には 国家資格所持者がその権力行使してまでもフォローしてくる恐怖」とは精神科医とタッグを組んだ「パパラッチ」心理職ですよね。その件は拙ブログ記事
    『「陰陽混乱」状態と現実的な「安全確保」』
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12333668941.html
    にて「日本人理系人の人格無視を進めることが最大の目的のようです」と書きました。
    「以前、1ヶ月間の間に色々な目的を持った人たちにフォローされていた時には 国家資格所持者がその権力行使してまでもフォローしてくる恐怖」を私どもは15年くらい味わってきました。しかしながら、家業が家業だけに何をされても逃げようがないまま今日に至りました。だから、アイツらは、私が首吊り自殺でもしたらホッと胸をなでおろすだろう…と思うわけです。堂々と大学のサーバーでメーリングリストを運用して、スタンフォードの監獄実験を実行したわけですからね。阿漕さも人類史レベルで凄い人たちなんですよね。

    監獄実験 site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2SK4Qld

    「合理的で金儲け主義のカウンセラー」の条件①②に該当しないにもかかわらず、公認心理師法システムを良いものだと思い込んでいて不幸になりそうな人も確かにおいでだという件は、以前、コメント
    https://ptsd.red/2018/11/30/%e8%87%a8%e5%ba%8a%e5%bf%83%e7%90%86%e5%a3%ab%e3%81%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e5%87%a6%e6%96%b9%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e8%a2%ab/#comment-17370
    に書きました。こうした不幸を生じさせないようにするには、公認心理師法システムを廃棄することが大事だと思います。教育分析を義務づけていない点で、根柢から制度設計が間違えているのです。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      医師の指示に従うようにと釘をさされている上に、看護師や保育士、占い師まで取得しましたから、独自性のかけらもなく、厚生労働省も「独占業務はない」と発表しました。
      誤診と薬漬けに文句を言わず従う心理職という目印の意味しかありません。取得する人の人間性が問われてますよね。

      返信
    2. ドラゴン🐲

      おはようございます😃
      公認心理師に会わなきゃいいのですよね
      なかいきあかちゃんのカウンセラーが臨床心理士だったと予想すると、臨床心理士も公認心理士も専門性には大した差はないと想像してます

      臨床心理士はもっと独自性を強く出す事が出来る資格で、公認心理士は医師の犬になる資格なのかな?ー メルから聞いた地元のセラピスト派閥とはちょっと主旨が違いますね

      要は 日本で具合が悪くなったらそういう人たちに近寄らない方が自身のメンタルヘルスを悪化させるリスクは軽減されるのですよねーよっぽど、どこかの自助グループに参加して同じ船に乗って仲良ししている方が良くはならないけど悪化は避けられる=外的適応は出来る様になるかもしれないけど内的適応は難しいーでも、日本の大多数の治療者も患者&患者家族も外的適応のみをターゲットにしているわけだからそれでも良いのかもしれないですよねー薬治療だけよりもよっぽど健康的だと想像しますートロとイクラの違いを説明しなくても正しい方法で正しい人と対話をする事が出来れば苦痛は自然と軽減していくのかもしれない…って思う今日この頃です

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です