若草寮無差別殺人未遂事件もPTSD予防教育不足から

東京都渋谷区の

児童養護施設

「若草寮」の施設長

大森信也さん(46)が

刺殺された事件で

逮捕された

元入所者(22)は

9月に

アパートの家賃を滞納し

呼び出された

保証人である施設の職員が確認すると

部屋の壁には無数の穴があき

錯乱状態で

警察に保護されたあと

アパートを退去し

半年後に

無差別大量殺人するつもりで

(他の職員も殺害するつもりだった)

この事件を起こしました。

統合失調症と見まごうような

PTSDを発症していますね。

おそらく

統合失調症等と診断され

不適切な薬を飲んでいたのでしょう。

「アクチベーショ...」の画像検索結果

施設に入所する=PTSD発症リスクがあるということですから

(これだけは顔を見なくてもほぼ確定)

きちんと傾聴してPTSD予防し

病院へのかかりかたや

社会制度等の知識を与えて

自暴自棄にならず

自分で対応できるように

PTSD予防教育を徹底してから

世に送り出すことが

施設には求められます。

「公認心理師」の画像検索結果

心理職が

公認心理師なら

こういう発想はないし

風見鶏だから

アクチベーション・シンドロームという

薬害も止められないと思うけど!(^^)!

2 thoughts on “若草寮無差別殺人未遂事件もPTSD予防教育不足から

  1. Ikuko Marie ASAOKA/HISHIKAWA

    ①「せめて成仏理論くらいは理解し、負の連鎖させない責務はある」
    ②「誰が言っても絶対的に正しい」
    ということで、こちらに書きます。

    「虐待にはメカニズムが存在する」
    =PV関係
    ということですから、これは誰が言っても絶対的に正しいことです。

    Отправлено с iPhone

    “虐待にはメカニズムが存在”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2SAmtTO

    “Perpetrator-Victim関係”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2TLha59

    “Perpetrator-Victim関係
    https://bit.ly/2EBz310

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      児相やその関連施設で、しっかり職員研修してほしいものです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です