やまゆり園で19人T4殺害の植松被告の描いたPTSD薬漬け心像

これは

戦後最悪とされる

19人が犠牲となった

相模原障害者施設殺傷事件で

殺人罪などで起訴された

植松聖被告(29)の描いた

「心失者」です。

被告の目には

入所者が

「心失者」と映り

その周囲に「薬」が飛び交っているように

見えたようです。

入所者は

こころないのではなく

薬により

こころない状態にさせられているということで

悪いのは何なのかということになります。

2 thoughts on “やまゆり園で19人T4殺害の植松被告の描いたPTSD薬漬け心像

  1. Ikuko Marie ASAOKA/HISHIKAWA

    愚かな大人ということで、こちらにコメントします。
    『全ワタシが涙し、震えた』 | ☆日進月歩☆兄妹子育て奮闘記
    https://ameblo.jp/tuki8003/entry-12453837346.html
    これ…《発達障害グレーゾーン》ではありませんね。

    もちろん、優秀すぎる子どもの《吹きこぼれ現象》でもありません。

    参考記事:
    東大または国立/慶應医学部を卒業された方(ID:4600079) – インターエデュ
    https://www.inter-edu.com/forum/read.php?1699,4600079

    PTSD否認=racism
    《アスペ》ラベリングも含めて《発達障害論》バブルは全部が《投影》ですよね。

    kyupin 投影 site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2KZpR8B

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      お子さんは驚愕したでしょうね。
      その部分が置いてきぼりになっているのが、ちょっと気になります。
      こういうパターン化されたブログが人気というのも、本当に困ったものです…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です