『ガルヴェイアスの犬』で浮かび上がる日本のPTSD否認

ある夜

小さな村に

猛烈な爆音とともに堕ちた巨大な物体は

「名のない物」と呼ばれますが

色も、形も、大きさも、明らかにされない。

ニンゲンはすぐに忘れてしまいます。

しかし

その日以来

何かが狂ってしまって

平穏な日常が変化し

パンがまずくなった様子を

犬たちだけが覚えているというのは

鯰研究の皇族は

向精神薬漬けで残念…

よくできたお話です。

遠い国の人が書いた

こんな風な表現なら

放射能PTSDを

否認し忘却するニホンジンにも

受け入れられ

共感を呼ぶわけですね。

気づくのが難しく

それを

普通に語ると危ないのは

如人千尺懸崖上樹の公案通りです。

「ポニョPTSD」の画像検索結果「ポニョPTSD」の画像検索結果

やはりポニョさまは凄い…💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です