死後にPTSDとなった心愛さん虐待事件と公認心理師

千葉県野田市の

小学4年

栗原心愛(みあ)さん

(当時10)が

虐待死した事件ですが

虐待に苦しんでいた生前は

学校でも児相でも無問題でした。

死後に

加害者である両親が逮捕されてから

心愛さんの受けた被害は

「暴力行為だけではなく

性的虐待を含み

(心愛さんの)恐怖心はかなり強い」ものだったことから

「父親の悪夢を見る」ほどで

不安になったり

被害内容が話せなかったりする症状も出ていたため

「PTSD

(心的外傷後ストレス障害)の状態と診断され」ていたと

まとめて発表されました。

「PTSDyobou」の画像検索結果

父親は

お決まりの【否認】だそうです。

多重人格性や虚言癖が顕著なタイプなのでしょう。

得て公御用達でおなじみの

「猿」の画像検索結果

「公認心理師」の画像検索結果

漫画のような国家資格で

問題解決できるのでしょうか?

問題があっても

知らんぷりすることが

「見ざる言わざる...」の画像検索結果「公認ん心理士法」の画像検索結果

法律で定められている

特殊な資格なんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です