田辺聖子さん『芋たこなんきん』と集合的無意識

6日午後

91歳で他界された

田辺聖子さんは

NHKの朝の連続テレビ小説

『芋たこなんきん』の

主人公のモデルになったことがありました。

「imotakonannkin...」の画像検索結果

井原西鶴が

女性の好むものとして

「芝居、浄瑠璃、芋、蛸、南瓜」をあげたとか

落語に出てくる女性の好物が

「芝居、こんにゃく、芋、蛸、南瓜」だったとかで

慣用句のように使われるようになり

「いもたこなんき...」の画像検索結果

語呂がよく

料理人の遊び心から

夏の献立としてかたちになった過程は

集合的無意識のつくられかたそのものです。

そして

田辺聖子さんのイメージが

芋たこなんきんだったということですが

これはイメージですから

言語化がむずかしいですね。

イメージをイメージとして

そのまま受け取るというのは

伝法や

心理療法に限らず

重要なやりとりです。

「芋、蛸、南瓜」の画像検索結果

この時代には

さつまいもはまだ出回っておらず

いも=里芋

今は紫のさつまいもまで

普通に売ってますね。

実は

この料理人のような

遊びごころはとても重要で

自然治癒力が内から起こる

意識と無意識のラポール

「遊びの治癒力」の画像検索結果

心理療法における

箱庭などは

それが起こりやすくなる

装置のようなものなのです。

「箱庭竜安寺」の画像検索結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です