居眠り学生にレーザーポインタ照射の大阪府立大謝罪でPTSD予防教育

大阪府立大学は

大学院の講義で

講師が

 居眠り学生にレーザーポインタ照射したことについて

謝罪文を

公式サイトで発表しました。

 

 

「企業を取り巻く環境変化とリスク」という

話の中で

「パワハラ」問題を取り上げ

現在は

部下を「お前」呼ばわりすることも

パワハラ扱いされると説明しながら

居眠り学生に対し

「最前列で寝るとはどういうことだ」と憤り

レーザーポインターを照射するペナルティとは

言行不一致も甚だしいですね。

 

解離すると

一番してはいけないことをするようになるというのは

公式のようなものです。

 

「由々しき行為であり

教育機関として許せるものではありません」

「受講生全員には

学内向け電子掲示板に

組織として謝罪いたしました」と

反省できる府立大学には

自浄作用がみられます。

企業リスクにも

きちんと対応できており

教育現場としてお手本を示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です