かどさわばし中道整骨院の院長PTSD解離性依存症で逮捕

学校行事でのお泊りや

病院、整骨院での

女子児童へのわいせつ被害が相次いでいます。

PTSD発症リスクになるので

予防のためには

情報の共有が大切

海老名市門沢橋にある

「かどさわばし中道整骨院」の院長である

柔道整復師(40)は

施術中に

小学5年生の女子児童の下半身を触るなどした疑いで

逮捕されました。

女子児童の母親が

知人から

「自分の子どもが被害を受けた」と聞き

確認して

発覚したそうですから

警察は余罪があるとみて調べています。

犯罪行為なのに

国家資格を取得する頭脳はあるので

わかっているハズ

やめられないのは

PTSDの依存症で

発覚しないわけはないのに

行動してしまうのは

解離行動というものですね。

広告からはわかりにくい

解離表現の分析も

焦眉の課題と考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です