台風19号に関する気象庁速報「命守る行動を」PTSD予防原理

台風19号の大雨について

気象庁が

午後8時50分ごろ

会見を行い

特別警報を発表する市町村が拡大していて

これまでに経験したことがないような大雨となっていること

「いままでにない...」の画像検索結果

直ちに命を守るために

最善を尽くす必要があること

「命守る行動気象...」の画像検索結果

あらかじめ指定された

避難場所へ向かうことにこだわらず

川や崖から少しでも離れた

近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど

少しでも命が助かる可能性の高い

行動を取ることが重要と

訴えました。

「PTSD予防」の画像検索結果

まるで

PTSD予防の第一原則ですね。

常識を超えた危機に対して

PTSD発症リスク

本来有している勘を取り戻しながら

知識化は危険です。

まずは避難し

生きながらえることです。

あとで

いくらでもPTSD予防は可能ですから。

2 thoughts on “台風19号に関する気象庁速報「命守る行動を」PTSD予防原理

  1. ドラゴン🐲

    昨日の台風真っ只中、東京で1人暮らししている人と6時間ビデオ繋いでお話ししてましたーその間、3回ほどスマホの緊急アラームが鳴り響いてましたよ

    その彼女の言ってた事の中に気になる事が..

    最近の避難警告の言葉の中に“「自己責任」で判断して避難してください”とリニューアルされたフレーズになっているとか…

    個人の危機管理感覚も徐々に変化して行ってる様子なのかな?って思いました

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      話題になっているようですね。
      煎じ詰めれば現実的には自己責任になってしまうし、国に期待する感覚はどんどん失われているわけですが、わざわざ言われると、いよいよ末期かなという感じです。
      一方で、薬害の問題等のPTSD問題から、個人の危機管理感覚も末期かなと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です