関西医療学園は訴訟中にストーカー被害職員の住所を開示し危険に曝していた。

ストーカー被害者を解雇した学校法人で

法学を教える幹部クラスの教員が

関西医療学園

被害者について

第三者に

心理職としておかしいから解雇したとの虚偽の

名誉棄損をしていたことは既に書きましたが

再就職等の妨害になるので

民事訴訟の判例もあります。

本日

被害者の住所まで開示し

スト―カーに伝わってしまっていたことが

守られた個人情報のイラスト

判明しました。

専門家にここまでの解離行動をさせてしまう

解離すると

その立場で一番してはいけないことをするようになるという

第一法則

安談プロレスの

関西医療学園

弁護士でなければ

品位のない安談プロレスやりたい放題

Fawn反応は恐ろしいです。

このことで派生する

負の連鎖については

適宜ご報告いたします。

4 thoughts on “関西医療学園は訴訟中にストーカー被害職員の住所を開示し危険に曝していた。

  1. ドラゴン🐲

    「あってはならない事が普通に温存されてる魔境」をこれから説明してくださるのですね

    もう一度「Fawn反応」復習してみます

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      怖ろしいほどできすぎた見事なタッグで、嘘みたいですが、これが現実なんですね。
      そういう人はお互いにわかるのかな…。
      神さまが私に与えた課題だと思うようにして、頑張ります♪

      返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      強烈な化学反応…。
      当人同士は、きな臭くなくて、いいニオイなんでしょうね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です