検事長もマスコミと「3密」賭けマージャンのPTSD解離行動で辞任へ

 

うわさをすればカゲじゃないですが

 

大注目されていた

東京高検の黒川弘務検事長(63)は

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた

緊急事態宣言が出ている5月初旬に

産経新聞記者や朝日新聞社員と

賭けマージャンをしていたと

博打です。

壺振り師のイラスト

週刊文春(電子版)が報じました。

 

検事の賭博も呆れますが

検事長がマスコミと癒着しているのは大問題ですね。

悪事でつながると離れがたい。

芸能人も踊るわけです。

発言するなと言われていたのに

台本もないまま急に踊らされた。

かばっていた

自民党幹部も

「黒川氏の検事総長就任はもうない。

イメージが悪過ぎる」と断言

公明党幹部は

「検事長も続けられないだろう」と突き放し

心配されていましたが

国民の選んだ内閣は

(他はめちゃくちゃだけど)

適切に距離を取りながら

司法に正しく介入できています。

ご本人も辞意を表明したようです。

 

解離すると

その立場で一番してはいけないことをするようになるっていう

PTSDの基本法則

また凄い症例が誕生しましたね。

 

末端が

理不尽な安談プロレスになるわけです。

関西医療学園

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です