カテゴリー別アーカイブ: 『ガラスの仮面』

漫画をよく読む春名風花さん(11)のいじめ研究PTSD否認の脳科学者より本質的でダントツ一位

脳科学者や
教育者など
多くの識者が協力した
朝日新聞の連載企画
「いじめと君」のシリーズ
ラストを飾ったのは
小学6年生の女の子です。
 ―子役や声優で活躍するタレント
ツイート数と
フェイスブックの
「おすすめ」数は
掲載されている
30人の識者たちの中では
最も多いそうです。

「いじめの本質を鋭く突いている」
「小学生とは思えないほどの
頭の良さ」で
「ゴーストライターが
書いたのではないか」と
疑われるほどです。
 ―変に頭のいい
 大人には無理でしょう。
春名さんの鋭い視点は
どうも
マンガからのようで
自宅には
マンガが1000冊ほどあり
『ひぐらしのなく頃に』や
『ガラスの仮面』などが
お気に入りだそうです。
ガラスの仮面は
PTSD的なストーリーですね。
 ―ラストは陰陽五行説が
 クローズアップされます。

『ガラスの仮面』PTSD解離性健忘男性を癒すファンタジー物語

アニメの根本は
『紅天女』
一心という男性彫り物師と
 ―解離性健忘
樹齢千年の梅の木の精霊との
恋です。
アリエッティみたいなものですね。
 ―自然治癒力
そして一心が
自分のためでなく
乱世を鎮めるため
祈るように
仏を彫る姿は
DVシェルターの子どもたちの
箱庭にもつながります。
一心が
集合的無意識にある
智慧へのパスポートです。

PTSD克服物語の『ガラスの仮面』最終章も陰陽五行説

なかなか
終わらない
永遠の物語と
言われてますが
Gyao!の映像では
$PTSD研究家翠雨の日記
このマークを中心に
 ―ズバリ大写しになり
 さすがに驚きました叫び
陰陽五行説的に
永遠を提示しながら
まとめています。
西洋では
ハッピーエンドですが
東洋は
ネバーエンディングストーリーですからね。
 ―西洋にもそういう
 タイトルの映画出ましたがね。
 イジメっ子のファンタジーでしたね。

唐十郎さんPTSD解離性転倒で脳挫傷 しかし奇跡的に回復中

劇作家で
演出家の
唐十郎(72)が
5月26日に
自宅前で転倒して
頭部を強打
 ―こういうこけ方は
 やはり普通ではないです。
東京都内の病院に入院中
らしいです。
 ―外傷性脳内血腫と   ☚心的外傷にも注意
  脳挫傷と診断
長男で
俳優の大鶴義丹(44)は
奇跡的に回復に向かっていると
コメントしていますが
 ―脳挫傷でも
 回復する部分はあるのです。
 脳の病気と言われて    ☚テキトーに言ってるだけ
 諦めるのは
 どうかしてます。  ☚ストレス障害だから諦めが早い
塩谷瞬の
(PTSD解離性二股関連での)
大先輩ですし
 ―場当たり的に生きているので
 つじつまの合わない
 現場を指摘されて
 うろたえるタイプ
プロの役者さん軍団ですが
 ―PTSD克服のために
 異彩が出てくる人が多いですね。
非行など
問題を抱えた人も
「預かる」というかたちで
受け入れているようですし
 ―有名女優の子が
 覚醒剤で逮捕されたときも
PTSD環境ですから
精神衛生が不安定に
なりやすいですが
気をつけてもいけないし
気をつけなくてもいけない
$PTSD研究家翠雨の日記
不思議と言えば
不思議な環境です。
PTSDは
その架空で
考えるものだと
 ―色即是空 空即是色
 架空の意味すら誤解され
 貶められていますがあせる
教えてくれています。
人間そもそも
内部に
多様でバラバラな
矛盾を抱えて生きてます。
PTSDを考えるとき
芝居は面白いですね。

『ガラスの仮面』 でっちあげ発達障害の前にPTSD克服したヘレン・ケラーを再考して下さい

Gyao!で
無料配信中です。
 ―ヘレン・ケラーのお話を
 思い出せば
 済むことですが
第23話で
2人の女優が
ヘレン・ケラーと
 ―孤独からくる
 PTSDもあったと
 思います。
 自閉症と言った精神科医も
 いました。
 当時は脳の病気ではなく   ☚DSMのせい
 情緒障害でした。
サリバン先生に
なりきり
ぶつかり
 ―3重苦のヘレンは
 野生児です。
モノには名前があることを知り
お父さんやお母さんと
出会いなおします。
両親は
諦めていましたが
 ―どうせできないのだし
 訓練は可哀想だから
 好きなようにさせてあげたいと。
サリバン先生が
「あなた方が居なくなったあと
その優しさが何になりますか。
あなたがたは
哀れんでいる方が
楽だから

そうしてるだけです。
強い意思を持ってください」と
喝破する場面も
印象的です。
みんなと同じようにはできない
というのではなく
目の前の子には
どうしたら
伝わるのだろうと
なりふり構わず
必死で向き合うのが
真の愛情ではないかと
思いました。
サリバン先生のようにやらない限り
やっぱり愛情不足です。
頑張れ
維新の会!

『ガラスの仮面』ヒロインも今ならアスペルガー支援学級行きでPTSD克服できず

学校では
数学の公式1つ覚えられず
居眠りしながら
寝言まで
舞台のセリフ
 ―凄い集中力
 寝ても覚めても
 想い続けるのは
 天才です。
先生も呆れていますが
舞台は
一度見ただけで
細部まで再現できます。
好きなことはできるけど
その他は
全くダメです。
 ―性格はいいけど。
今なら
 ―アスペルガーなら   ☚人名
 「未来の大女優さん」と
 ほめそやして
 本当に大女優にしてしまうでしょうが
ストレスを感じさせたら
可哀想と
支援学級行きですね。
へなちょこ発達障害論の
犠牲者がたくさんいます。
この作品のファンの
親御さんもいらっしゃるでしょうに。
あれはあれ
これはこれ
場当たり的思考だと
気づかないのでしょうね。
親もPTSDですからね。

『ガラスの仮面』月影先生もPTSD克服中

大女優だったようですが
演じている途中
天井から照明が
落ちてきて
顔を大怪我
引退している設定です。
事故自体がショックですが
女優生命を
断たれたのですから
死の驚愕です。
PTSD発症リスクが高いですね。
心臓がお悪いようですが
ヒロインの成長を見守り
安堵したとき
きゅっと痛んだりするようです。
心因性でしょうね。
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティの翔くんと
一緒です。
 ―アリエッティと出会えたら
 楽になります。
そして
演技は引退してても
後進を育てることで
自己実現できますね。
$PTSD研究家翠雨の日記
ステージは
いろんな場所にあります。
架空ですから。
 ―現実と非現実に架かる場所

『ガラスの仮面』じゃんけんで説明する発達障害に見えるPTSD

ヒロイン演じる
道化は
「パーが来た」と
馬鹿にされ
「グーチョキパーの
パーかぁ?」
「グーがチョキに負けたのかぁ?」
$PTSD研究家翠雨の日記
戦後のPTSD予防のため
五行の相生相克の関係を
3つの相生相克の
ゲームにしたのが
じゃんけんです。
一番賢いものも
一番馬鹿なものもないのに
自分のことを
貶める
村人に
なかなか深い哲学を
お見舞いしてます。
 ― 一番利口かも
  道化はそういう役ですね。
グーがチョキに負けるというのは
集団イジメという
後天的問題で
先天的発達障害が
できるという
話につながりますね。

『ガラスの仮面』を被ったらPTSD解離自殺防止になった上原美優さん

第2話と3話では
ヒロインは
文化祭で
道化を演じます。
貧しく
醜く
馬鹿であることで
 ―馬鹿にされてきたので
 こころに傷がつき
 PTSD発症して
 躁的防衛する姿が
 馬鹿に見えるのでしょう。
 発達障害も
 こんな感じです。
笑いを取れと
センセイは指導しますが
ヒロインは
道化の仮面を被り    ☚ガラスの仮面=無我
「オラのせいではないのに」
 ―PTSD発症はみなそうです。
「死んでしまいたかー」
 ―PTSDは死との闘いです。
「切なかー
情けなかー」と
本心を吐露します。
その迫力に
驚きつつも
感動した
観客は
大喝采
センセイはカンカン むかっ
どこまでも
発達障害っぽい
ヒロインです。
しかし
こうじゃないと
$PTSD研究家翠雨の日記
本当に死んでしまいます。
悲劇を美談にさせるのは
罪なことです。

『ガラスの仮面』サヴァン症候群かPTSDか

ヒロインは
お芝居に夢中になる体質で
 ―PTSD克服の秘訣
 頭でっかちでは治りません。
一度みただけで
 ―凄い集中力
セリフも動きも
間合いも
全て再現できます。
サヴァン症候群?
名前は何でもいいけど
 ―精神科に行かないなら
この天才は
PTSD解離性であり
ヒステリーですね。
まだ予防中ですがね。