カテゴリー別アーカイブ: こころのケア(PTSD予防)

新嘗祭でこころのケア(PTSD予防)教育の11月23日

新嘗祭は

その年の秋に収穫された新米(五穀)を

天皇が食し

収穫を神々に感謝するお祀りです。

 

古儀は

御禊が中心でしたが

中国から陰陽五行説が流入し

見立てによる呪術を行うようになりました。

箱庭療法の基本です。

 

新嘗祭は

天文学からの見立てにより

「北斗七星」の画像検索結果

不動に見える北極星(太極=天皇)が

スプーンに見える北斗七星(宰相)をうまく機能させて

星々(人民)を食べさせる。

天皇が宇宙(神々)に感謝するお祀りなのです。

 

GHQによって

「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」という

スケールの小さな「勤労感謝の日」にされてしまいましたが

現在でも

日本人は

自然と人とのイメージの方を

共有しているのではないでしょうか。

 

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

 

行事は大事ですね。

陰陽五行説の五

行司さんと横綱は揉めたらしいですけどね。

る人「八卦よい」と言いますね。

「白鵬物言い」の画像検索結果

ドキンちゃんも心臓発作で急死?象徴から考えるPTSD予防教育

16日午後7時半ごろ

首都高都心環状線内回りで

声優の鶴ひろみさん(57)が運転する乗用車が

ハザードランプをつけたまま停車しているのが見つかり

意識不明の状態で

病院に搬送されましたが

間もなく死亡が確認されました。

 

首都圏では

心臓病による

急死も増えているそうですね。

 

 

 

「ドキンちゃん」の画像検索結果

 

ドキンちゃんが

多幸イメージ

心臓がストレスを受けます。

 

都心で急死したのは

とても象徴的に感じられます。

坂本龍馬没後150年ファンらは軍鶏鍋で偉業しのびPTSD予防

没後150年にあたる

昨日の命日

同士の墓がある京都の神社で開かれた

竜馬祭では

軍鶏(しゃも)鍋が奉納され

シャモ肉を買いに行かせている間に襲撃されたのは

未練であろうと

シャモ50キロ分を準備 💦

みんなで食べながら

偉業を語り継いだそうです。

正しいPTSD予防教育ここにあり💡

 

教科書からは消されそうな竜馬ですが

暗記より考える力をつけさせるようにするためには
(都合の良い史実を暗記させるためには)
歴史的に重要な人物ではない竜馬まで扱うのは無駄とのこと
「新撰組」の画像検索結果
時期的に
こういう連想も困るんですよね。
「教外別伝」「以心伝心」が
尊い教えは教科書等とは別枠で
 澄んだ心から心に(文字ではなく)伝承される。
普遍的な世の習いです。
臨床心理学のお勉強も
常識で考えられる場所では
学べなくなりましたよね♪~( ̄ε ̄;)
「軍鶏鍋」の画像検索結果
 

熊本地震のストレスで暴言やトラブル等アルコール依存症2.6倍の急増

熊本県に寄せられた

アルコール依存症に関する

電話相談が

2016年度は149件で

前年度の

約2・6倍に

急増しています。

 

昨年4月の

熊本地震に伴う環境変化や

失業

生活再建への不安など

被災ストレスの影響ですね。

 

暴言を吐いたり

周囲とトラブルを起こしたりする背景に

アルコール依存症があるようです。

PTSDの合併症です。

 

「男は黙ってサッ...」の画像検索結果

 

こういうのが一番よくないわけで

抑圧の美学を強制

 

震災直後から喋りすぎるな!なんて

専門家の提言は

どうかしているのです。

 

イラン・イラク国境は地震でこころのケア(PTSD予防)中

イランとイラクの国境地帯で

 

「イラン地震7....」の画像検索結果

 

12日夜

強い地震が発生し

少なくとも200人以上が死亡

1700人が負傷しました。

 

「心的外傷と回復」の画像検索結果「心的外傷と回復」の画像検索結果

 

まずは

安全確保ですね。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

そして

病院では

傷の手当のみがなされています。

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防心のケ...」の画像検索結果

 

こころが傷ついて

呼吸が苦しくなった小学生に

精神安定剤を点滴するようなことは

なされていないようで幸いですね。

 

「こころのケアPT...」の画像検索結果

 

「語り」は大事なのに

わざわざ批判するようなことを書いて

精神科チームが来る露払いをされても困ります。

 

浮かび上がる

日本の非常識です。

 

「座間9人遺棄事件」事故物件負の連鎖PTSD予防には「お祓い」

神奈川県座間市で

9人の切断遺体が見つかった事件で

犯行現場となった

アパートのオーナー

プロボクサーでWBO世界スーパーフライ級王者

井上尚弥の父真吾さんは

 

「井上尚弥と父」の画像検索結果

 

取材に「困惑している」と

苦しい胸の内を明かしました。

 

「座間市のアパー...」の画像検索結果

 

 

もともと事故物件で

格安にしなければならなかったのに

 

最初の犠牲女性(21)に振り込ませた

50万円が記入された通帳片手に

容疑者が片っ端から探していたのも

首吊りができるロフトつき格安アパートでした。

 

一見、普通に見えるし

申込みに必要な書類は整っていたので

 

不動産屋さんは

「見抜けなくてくやしい」

オーナーは

想像を絶する出来事に

「困惑している」

「頭の中が真っ白になり、ぞっとした」とのことで

多重人格性に触れると

心理的に足元をすくわれる思いがしますから

PTSD予防が必要です。

 

 

 

「被害者の方へ供養の意味を込めて

おはらいをしたい」とのことです。

 

 

宮古島は狂気のストーカー?!パーントゥでPTSD予防教育

国指定

重要無形民俗文化財の

仮面祭祀

「パーントゥ」が

昨日から

沖縄県宮古島市の

島尻地区で

始まりました。

 

泥だらけの植物を身にまとって

仮面をかぶった

パーントゥが3体現れて

 

人を追いかけ回し

泥を塗りますが

 

「パーントゥ」の画像検索結果「パーントゥ」の画像検索結果

 

おまわりさんも助けてくれません💦

 

 

「マッドマン」の画像検索結果

 

パプアのマッドマンは

ひょうきんですが

パーントゥは恐ろしいので

 

みな悲鳴をあげながら逃げ回ります。

 

容赦のないところが

サイコパスみたいで

ストーカーっぽいですが

 

調子に乗って

人の家に上がり込み

お酒やごちそうのもてなしを受けるそうです。

 

「なまはげ」の画像検索結果

 

なまはげと似た

PTSD予防教育なんですね。

 

世の中には

こういう理不尽なことがあるということを

予行演習しておくと

免疫ができます。

 

実際は

怖い目に合うと

声をあげられないことが多いので

よくできていると思います。

PTSD予防を忘れたDVシェルター被害女性を病気扱い

DVシェルター

ますます問題のある場所になっているそうです。

 

最初は

PTSD予防のための保護で

ハーマンも読まれていて

傾聴が重視されていたのですが

 

 

それでも

一方では

DV=不治の病との認識で

和解させる発想はない

「別れさせ屋」でした。

 

今は

被害女性までもが

病気扱いされることが増えているそうです。

(DVで不安定になったのならPTSDですよね)

 

入所生活は厳しいので

(禅寺みたいな感じかな)

皆さん

退所のことを

冗談で「出所」と呼ばれ

「巣鴨プリズン」の画像検索結果

 

 

短時間ではあっても一緒に

苦労をした仲間なので

連絡を取り合う人も少なくなかったです。

 

私も

施設での名前や

どんな箱庭を置いたか

教えてもらえれば

すぐに思い出すことができます。

 

詩織さん出版でPTSD予防し伝説 となる。

加害者は

逮捕直前だったのに

見送られました。

 

民事も

立証の難しさは同じでしょう。

(こういう迷惑な人がいるから先入観を持たれ混乱するんですよね)

 

そこで

沈黙してしまう人

沈黙させられてしまう人が多いのが現状ですが

 

詩織さんは

出版する選択をされ

 

名字や

 

どういう生い立ちであったかまで

 このように主張することができるのは

どういう人なのか

世間は関心があると思うから

明かされたそうです。

 

 

「伊藤詩織」の画像検索結果

 

世の中に

理不尽なことはあるけれど

(PTSD発症リスク)

 

伝えてゆくことには

法的に

相手を罰する以上の力があると思います。

 

ドカベン・香川伸行さんの家族も『古事記』の スサノヲ のように PTSD予防中

ドカベンとして親しまれた

元プロ野球選手の

香川伸行さん(享年52)は

 

「ドカベン香川」の画像検索結果

 

現役時代110キロだった体重が

138キロになりましたが

心配する家族に

「なるようにしかならん」

「ええんちゃうか」と

食事制限をせず

人工透析が必要になり

 

長年の人工透析から来る

急性心筋梗塞で

2014に亡くなったそうです。

 

食事制限はつらかったのだと思います。

それを責めることはできません。

そして

死後

家族を心配させないために

豪胆にふるまっていただけで

必死で再起を図っていたのがわかりましたが

 

家族は

生活が困窮し

長男は大学を中退

二女、三女は不登校になりました。

 

「古事記」の画像検索結果

 

神代の時代から

知られる

PTSDの負の連鎖ですね。

 

でも

お話には続きがありますよ。

 

「蘇民将来の子孫なり」

「蘇民将来」の画像検索結果

 

スサノヲのように

蘇ることもあるのです。

 

それをしっかり支えられる

社会でありたいものですね。