カテゴリー別アーカイブ: でっちあげ【発達障害】

なぜ?【宇多野病院】も障害者にPTSD解離虐待で処分

国立病院機構宇多野病院

(京都市右京区)の

療養介護事業所で

看護師3人が

入所者の男女3人に

「いじめられたくないんやったら黙ってよ」

「患者って立場を忘れんときいや」等と暴言を浴びせ

ナースコールを約10分間

入所者の手の届かないところに置くなど

虐待行為が計4件あったとして

 

市は

同事業所に対し

障害者総合支援法に基づく改善勧告を出し

新たな入所者の受け入れを

同日から3カ月間停止する行政処分を行いました。

 

 

 

心理学が社会貢献できているかのように

自画自賛してますが

 

 

こういう活動の末路での出来事です。

 

「看護師が患者の発言に

感情を抑えられなかったという状況があった。

不適切だが

暴言とは思わなかった」との釈明で明らかなように

現場が疲弊しているのです。

 

不当判決が出た

石郷岡病院殺人事件も控訴されました。

 

「病院で殺される」の画像検索結果「病院で殺される」の画像検索結果

「病院で殺される」の画像検索結果「病院で殺される」の画像検索結果

 

殺し合わせるシステムを

やめさせましょう。

 

キレるエレカシ宮本浩次のPTSD症状にも大人の発達障害疑惑

本番中でも

些細なことでキレたりするので

ご多分に漏れず

 

エレカシ宮本浩次は発達障害でキレる?耳の病気は完治?薬の噂?とのことですが

 

 

 

 

 

こんなに過敏では

太れないですね。

 

痩せ型であり

 

お人好しで温和な一面と

内気ではにかみが強く

敏感なあまり

鈍感ともいえるほどに

無神経に爆発してしまうような一面が

1つの人格のなかで同居し

 

外から見ると極端すぎて

変人扱いされるのは

クレッチマーの「分裂気質」

(病名ではなくノーマルです)

 

 

「分裂気質」の画像検索結果

 

今では

統合失調症扱いされる可能性が高く

 

「中森明菜」の画像検索結果

 

中森明菜なんかは

ここから引きこもってしまうし

 

宮本さんは

時々キレます。

 

 

ここに端を発する

PTSDの百花繚乱

人により

置かれた境遇

時代により

 

いろんな姿を見せるようになります。

 

よくも悪くも

なんとか踏ん張っている姿が共感され

話題になっているのでしょう。

 

床板一枚下は

薬漬けの絶望の世界ですから。

 

北九州市で発達障害女性(36)の「介護に悩んで」母親(61)がPTSD解離殺人

昨日

福岡県北九州市で

36歳の娘の首を絞めて

殺害した

61歳の母親が

逮捕されました。

 

「娘には

重度の知的障害があり

介護に悩んでいた」そうです。

 

専門施設でも

殺人事件が起きるくらいですからね。

 

 

こんなのを

 

 

信じてついていくからですよ。

 

コンサータをやめるだけでも全然違うのに。

 

いいですか?

コンサータは

はじめから

この世に存在しないものと考えて下さい。

 

「石郷岡病院」入院男性(36)を暴行死させたPTSD解離看護師一人は無罪

千葉市の

医療法人石郷岡病院の

元准看護師2人が

傷害致死罪に問われ

 

防犯カメラの映像が証拠採用されましたが

1人に

無罪判決が言い渡されました。

もう一人も

なんと

たった罰金30万円です🤔。

 

 

映像が不鮮明と言いますが

 

 

裁判所は目がお悪いのでしょうか。

 

片方も

止めないとダメだし

病院の立場もヘンですよね。

 

患者さんへの暴行が普通になってしまっていて

感覚が麻痺しているのでしょう。

 

死亡した男性(死亡当時36)の父親は

「到底納得できない。

被告らの乱暴な行為が

傷害致死罪にならないなどとても許せない。

検察官には控訴するよう強く求める」と

コメントされましたが

当然ですね。

 

しかし

これが日本の現実ですから

まずは

 

 

PTSD症状が出た時に

 

 

こういう人たちを信じず

正しくケアすることから

始めましょう。

 

まずは

治外法権の場所に

近づかないことです。

 

「愛媛の精神障害者施設で3人焼死」入所者の女(49)がやまゆり園型PTSD解離放火

愛媛県

松野町豊岡の

障害者施設

「ひだまりIII」で

12日未明

平屋建ての建物が全焼し

 

入所者の

36歳と38歳の男性2人

67歳の女性の計3人が焼死した火災で

 

入所者の女(49)が

逮捕されました。

 

火災の直後に建物の外に避難し

「私が火をつけた」と話しているそうです。

 

 

NPO法人みこと会が運営する

共同生活事業所で

精神障害などのある8人が生活

60代の女性職員が宿直していたようで

 

小規模ながら

「やまゆり園」の画像検索結果「やまゆり園」の画像検索結果

 

やまゆり園事件に似ています。

職員がT4作戦するなら

入所者も

無意識的に真似ることがあるでしょう。

 

 

障害者をでっちあげすぎ

現場は疲弊しているので

 

集合的無意識的に行動する

解離人格たちが

犯罪という名の自己表現をさせられてしまうのです。

 

事件の深層を分析し

予防する作業が

いつまでも行われないのは

なぜでしょう⁉

 

日本の七不思議の1つです。

 

PTSD薬物治療は自己責任でと『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』紅子さんも

「銭天堂」の画像検索結果

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」のお店は

悩みをかかえる

選ばれた人ではないとたどりつけない

ちょっと変わった駄菓子屋です」

 

悩みは

自己実現のパスポートですからね。

 

店主の紅子さんが

「その人の悩みにあった

「銭天堂」の画像検索結果

 

ぴったりの駄菓子をみつけてくれる」そうで

例えば

しわで悩んでいる女性には

食べるとしわがなくなる「しわとり梅干し」

長男でいることに疲れた男の子には

兄弟の順番を入れ替えられる「兄弟だんご」。

ところが

食べたら万事解決!」とは問屋が卸さず

 

注意書きをしっかり読まないと

大変なことになるそうです。

 

「わらうせえるす...」の画像検索結果

 

 

笑うせえるすまんの

おばあさん版みたいなものでしょうか。

 

 

PTSD症状なんかも

簡単になんとかしようと

甘く見ていると

「カリスマボンボンを食べた美容師」みたいな

(実力もないのにカリスマ美容師になって・・・💦)

精神科医に

地獄を見せられますよ。

 

このお話は

ネット上に転がっている実話を超えた

フィクションなので

リアリティが感じられ

人気があるのでしょうね。

 

 

南スーダンPKOの隊員20名に「PTSD予防のためのケアが必要」と防衛省

政府が撤収を決めた

南スーダン国連平和維持活動(PKO)では

現地で悲惨な場面を目撃し

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)発症へのケアが

必要になった隊員が

約20人いたことを

防衛省は認めました。

 

 

防衛省が開示した日報は

黒塗りが多く

「TK」=戦車

「200」=200メートル等と略されており

 

おそらくは

裁判員裁判で裁判員が

PTSD反応を起こすような

読むに耐えない生々しいものではないかと

推測されます。

 

 

組織全体が過度のストレスに巻き込まれてしまった場合に

誰かを「スケープゴート」にして

乗り切ろうとすることは避けるべきであると

集団ヒステリーの危険性まで言及されるほどの

 

尋常ではない危機的ストレス状況に

身をおいていたのだという事実が

帰還後

なかなか家族に理解されないことからくるすれ違いも

深い孤独等かなりのストレスとなるものなので

 

いろんなストレスが重なり合って

 

「夜中に何度も起きたり

店のレジに並んで

じっとしていられなかったりするなどの症状があったら

相談してほしい」と

呼びかけられています。

 

家族になかなか理解されないのは

学校でいじめにあっている子たちが

(スケープゴートとしていじめられている)

「のびたとジャイ...」の画像検索結果

 

そのつらさに気づかれず

全く共感されず

(なんだかわからないフツーの子が増えてるんですよという論調)

 

勉強どころではない現実なのですが

ちょっと不適応を起こすと

発達障害扱いされたりしているのが現状なので

 

「お父さん

自衛隊員なのに

何甘えたこと言ってんだよ」

「さっさと病院行って治せよ」という風に

受け取られているからなのでしょう。

 

PTSD予防教育を徹底すれば

みんなが正しく理解しあえて

家庭も学校も円満になりますよ。

 

キーワードは

「PTSD」です。

 

昭恵夫人と元名古屋大学生「人の気持がわからない」PTSD解離性「離人症」

「森友学園」の問題をめぐって

連日

国会で厳しい追及が続いているそうですが

渦中の

安倍首相の妻

昭恵夫人は

公の場に姿を見せ

「なぜ

こんなに

わたしは注目を集めてしまってるんだろうって

すごく戸惑っているんですけど…」

 

名古屋市のアパートで

2014年に

女性(当時77)を殺害し

12年には

同級生2人に硫酸タリウムを飲ませた

殺人や殺人未遂などの罪に問われた

元少女(21)は

裁判員裁判で

「こういう事件を二度と起こしたくないと思う」が

「反省というものが分からない」

「謝罪したいというのは

どの被害者にもあるが

謝罪の仕方がまだ分からない」

自分の感覚と被害者の感覚がずれていて

自分の知らなかった苦痛が見えて

ショックを受けていた」

そして

今でも殺人願望はあると

語りました。

 

人のこころを

ここまで失っているのは致命的ですが

 

 

充分な教育を受けてきた人たちなので

発達障害などではなく

 

 

何らかの強いショックを受け

離人症的になっているのだと

思われます。

 

お雛さまになって主体性を養うPTSD予防教育で脱「発達障害」ブーム

<桃の節句>でお雛さまになった園児たちです。

 

 

窮屈でしょうが

頑張っています💯✨

 

こういうのが「勉強」の語源なんですよね。

 

自分以外のものの立場になってみる経験は

大事ですから

 

 

このおじいさんは

農作業に使った鍬(くわ)さんを労い

お話しています。

 

 

他者(外界)の中に自分を映し出すことが

自分との出会いになるんですよね。

 

森友学園は

日本発の神道の小学校を無断標榜し

天皇陛下まで勝手に担ぎ出しているそうですが

 

「森友学園こども」の画像検索結果「森友学園こども」の画像検索結果

 

象徴としてのお勤めの大変さは

校長先生自らが

一度

お雛さまにでもなって

考えて見たらどうでしょう。

 

「オウム真理教の...」の画像検索結果「オウム真理教の...」の画像検索結果

 

子どもたちへの

洗脳はいけませんね。

 

 

象徴が使えず

主体性のない発達障害と誤診される

二次被害も待ち受けているのですよ。

 

「発達障害者支援法」とPTSD性恐怖症の男性(55)400円窃盗で懲役3年の無情

奈良県内の

工場で

ビスケットなど菓子(400円相当)を盗み

窃盗罪などに問われた

 

「ああ無情」の画像検索結果

 

無職の男性被告(55)に対し

奈良地裁葛城支部は

懲役3年(求刑・懲役4年6月)を言い渡しました。

 

被告は

知的障害の可能性が高く

自立した生活ができずに

これまでに計10回

窃盗罪などで有罪となり

これまで約30年間服役しているので

 

弁護側は

再犯防止の観点から

福祉的措置を求めましたが

裁判官は

福祉的措置には触れず

「今回の服役で責任を取り

社会に戻ってきてくれることを強く望みます」と

説諭しました。

 

人と対話することに恐怖心があるなら

 

PTSDの「回避」が疑われます。

 

例えば

幼少期に

お母さんに虐待された場合

お母さんだけでなく

人間そのものが怖くなることは

フツーにあります。

 

お金がなくなっても

生きていくために

何らかの行動をとる必要がありますが

その際に

このご時世に

神社を選ぶというのは

実験ネズミのようなデタラメ行動ではなく

人間としての「象徴的」行動ですから

PTSDであり

 

大人の発達障害は

除外されます。

 

世間では

発達障害はきちんと対応すれば

大丈夫と喧伝されていますが

 

「発達障害支援」の画像検索結果「発達障害支援」の画像検索結果

 

さすがに裁判所では

そういうのは

信用されていないのでしょう。

 

ビスケット工場で

ビスケットを盗むというのも

目の前にあるものに反応する

ヒステリー(PTSD)反応です。

 

専門家の方が

 

トラウマが

自殺になったり

犯罪になったり

引きこもりになったり

発達障害になったり

うつ病になったりする

PTSDについて

学習すべきだということを示した

象徴的な事件といえるでしょう。

 

「不思議なポケッ...」の画像検索結果「ビスケットのう...」の画像検索結果

 

多くの人のこころに

「ああ、無情」としか言いようのない

気持ちを起こさせるのが

象徴のある場所です。

 

子ども用のお話には続編があって

主人公ジャン・ヴァルジャンは

聖人になるんですよね。

 

かぐや姫が

わがままじゃなくて自己実現モデルであるという話と

同じです。

 

そういうことを

何もわかっていない専門家は

社会的害悪です。

 

 

恥ずかしくないのでしょうか?