カテゴリー別アーカイブ: イメージ表現の実際

小田急小田原線豪徳寺駅のPTSD解離自殺と招き猫

20:09頃

豪徳寺駅で

人身事故があったそうです。

 

「豪徳寺」の画像検索結果

 

招き猫発祥のお寺だそうです。

 

人を

お寺に行かせず

線路に招くのは

 

 

PTSDで

いじめっ子やストーカーは

その権化なのです。

 

「りま」の画像検索結果

 

PTSD予防いたしましょう。

 

更生離脱の大麻使用スノボ選手は認知行動療法以外のPTSD治療で

スノーボードの

未成年の男子選手2人が

米国遠征中に

大麻を使用し

全日本スキー連盟(SAJ)から

競技者登録の無期限停止などの

処分を受けた問題で

このうち国際大会で入賞するなど

実績がある現在20歳の選手が

連盟が課した更生プログラムから

離脱したそうです。

 

依存症は

PTSDなので

 

 

更生プログラムも

トラウマを不問にする

認知行動療法では

脱落が多いんですよね。

 

摂食障害の患者さんなんか

数日で退院してしまいます。

 

続けにくいプログラムを押しつけて

脱落したら

批判したり

発達障害扱いするようでは困ります。

 

 

「芸術療法」の画像検索結果

 

芸術療法がいいんじゃないですか?

若い人は

割と

指導されるより

表現することを好みますよ。

 

白鬚橋で81歳運転のPTSD解離暴走タクシーから乗客飛び降りけが

東京都台東区の

白鬚橋近くの👀

都道で

昨日

午後11時半ごろ

タクシーが歩道に乗り上げて

約500メートル暴走

居合わせた男性警察官(22)と

自転車の女性(41)がはねられて

けがを負い

乗客の女性(31)も

車外に飛び降り

軽傷を負いました。

 

タクシー運転手の男(81)は

「すみません」と話しているそうですが

 

「特攻隊」の画像検索結果「特攻隊」の画像検索結果

 

「パキシルでハッ...」の画像検索結果「パキシルでハッ...」の画像検索結果

 

今時のご老人は

たくさん薬を飲んでますからね。

 

 

白鬚橋で暴走したので

(象徴的)

大人の発達障害ではなさそうです。

 

『レッドタートル ある島の物語』PTSD克服にはアカウミガメとの遭遇

パンか和菓子かと

へんてこ指導がなされているそうですが

 

「パン屋さんも日...」の画像検索結果「パン屋さんも日...」の画像検索結果

 

静岡県御前崎市では

市内のパン屋さんが

正月飾りに

アカウミガメを模した

大きな饅頭を作り

縁起物として個人的に正月飾りにしたものが

名物になっているそうです。

 

 

美味しそう!

 

 

「阿頼耶識は異熟するなり」ですよね。

 

さて本題♪

 

ジブリだから

想像上の生き物だろうと思っていましたが

 

 

「アカウミガメ」の画像検索結果

アカウミガメっでいるんですね。

 

そして

 

なんと

その昔

向精神薬のポスターになっていました。

 

 

メレリル「うつ病メレリル」の画像検索結果

 

73年に最初のポスターが出て

78年にカラー化されたそうです。

 

 

主人公の男性も

不安や焦燥に苛まれて

2005に販売禁止になった

メレリルを呑んでいたら

(無人島でよかった♪)

 

自分との闘いに負けていたでしょう。

 

ジブリはこのポスター見てますよね✨

 

 

LGBT考案者「虹色の旗は言葉を超えて」隠されたPTSD次世代問題の象徴性

LGBT(性的少数者)を象徴する

虹色の旗をデザインした

 

「ギルバート・ベ...」の画像検索結果

 

ギルバート・ベーカーさん(65)が

3月31日

米ニューヨークの自宅で死去していました。

 

アメリカ軍に1970年から1972年まで在籍

ゲイの人権運動が始まったばかりのサンフランシスコに駐留

名誉除隊の後

自己流で学んだ縫製の技術で

サンフランシスコの Paramount Flag Company で働き始め

有名人や各国の首脳らのための

イベント装飾を行う傍ら

ゲイ活動や反戦活動家のための旗も

数多くデザインしました。

 

LGBTの旗は

同性愛を公表して公職に就いた

先駆者であるハーベイ・ミルク氏から

運動の象徴となる旗のデザインを頼まれ

多様性を込めようとしたのですが

 

ピンクはsexuality(セクシャリティ)

赤はlife(生命)

橙はhealing(癒し)

黄はsunlight(太陽)

緑はnature(自然)

ターコイズはmagic/art(魔術/芸術)

藍はserenity/harmony(平穏/調和)

紫はspirit(精神)

 

世界に広めるためには

商業的難問があり

やむなく2色を削って

現在のかたちになったそうです。

 

生前

「LGBTの権利を守ることは

人間の多様性を守ること。

旗は言葉を超えて人を結びつける象徴だった」と

語っていたそうですが

 

欠けた

ピンク(セクシャリティ)と藍(平和)に

精神分析的次世代問題が

隠されているかもしれませんね。

 

フロイトの理論の最大の欠陥は

リビドーを何でもかんでも性的に解釈することに終始したので

(なので症例をすべてドイツ語で読んだとしても時間の無駄)

戦争PTSDから人類の平和に関して

絶望しながら亡くなったことです。

 

表面的に性的倒錯に見えても

「倒錯精神分析」の画像検索結果

 

善悪を超えて

いろいろあるし

 

「風と木の詩」の画像検索結果「倒錯精神分析」の画像検索結果

(ジルベールや歌舞伎、タカラヅカは

発達障害ですか?)

 

「声優のアイコ」の画像検索結果

(混乱の中で犯罪を犯す場合もあります)

 

LGBTから抜け落ちるタイプの人たちもいるので

 

「マツコ」の画像検索結果

(この人の人気の高さは

そのあたりにあるような気もします)

 

 

LGBTの旗は

PTSDの光を当てることで

さらに輝き

人類平和に貢献すると思います✨

 

 

舞鶴市民病院も入院患者の口にビー玉等のPTSD解離虐待で捜査中

宇多野病院に続いて

 

舞鶴市立舞鶴市民病院

(京都府舞鶴市倉谷)でも

60代の男性入院患者2人の

体にあざ

(手の爪に変色・左脇や胸にあざ)

口の中からビー玉が見つかるような

虐待がみつかり

舞鶴署が捜査中です。

 

 

「ビー玉箱庭」の画像検索結果「ガラス玉演戯」の画像検索結果

 

びいだまが

正しく使われていないことを示す

象徴的な事件なのでしょう。

 

解離人格の行う行動は悪質ですが

世の中の問題を摘示する傾向がありますから

そういうことを分析してこそ

 

 

社会に役立つ心理学となります。

 

 

間違った流行の片棒を担ぐようでは

世も末ですね。

 

「わら人形」で女性脅迫のPTSD解離ストーカー男(51)逮捕

群馬県内の

ゲームセンターの敷地内に

経営者の女性(52)の名前を書き

釘を刺したわら人形を放置し

身の危険を感じさせた

51歳の男が逮捕されました。

これまでにも

車のタイヤをパンクさせたりしていて

子どもみたいですが

 

 

 

 

「藁人形」の画像検索結果

歪んだ形ながら

イメージ表現ができているので

ニセ流行の

発達障害ではなく

適切に治療すれば

治ると思います。

 

逮捕されると

治療を勧めてもらえるので

よかったですね。

 

絵柄入りカラフル離婚届はこころのケア(PTSD予防)に不向きで売れず💦

役所の窓口に提出する

婚姻届、出産届、離婚届け等の

書類も

様変わりし

花柄や人気キャラクターの

イラストなどが印刷され

華やかになっています🤔

 

 

しかし

実際は

そんなには

売れていないそうですよ。

 

「近年は

『円満離婚』が

社会的なキーワードになっている。

男女が別れることになっても

どんよりと気を重くするのではなく

将来を見つめてほしいという

思いを込めて制作している」との

その思いが

間違いなんでしょうね。

 

 

重くなる必要がある時は

思い切り重くならないと

 

浮き上がれないんですから。

 

それを邪魔しちゃダメなんです。

 

ハリウッド看板も「ハリ大麻」でPTSD時代の「ザ・解離」性悪戯

米カリフォルニア州

ロサンゼルスを見下ろす丘に設置された

「ハリウッド(Hollywood)」の看板が

「HOLLYWEED」になってます!!!

 

 

 

アルファベットの「O」の2文字の一部を

シートで覆って「E」に見せ

「ウッド」部分を「ウィード(大麻)」に変える発想を

そのまま行動に移してしまうところとか

不法侵入して

13.7メートルもある看板をよじ登る運動能力があるところは

 

これぞ【解離】というべき芸当です。

 

常識だけを欠落させてしまうんですよね。

 

カリフォルニア州では

昨年11月の住民投票で

嗜好用マリフアナ

(乾燥大麻)の合法化が承認されたので

うれしかったのかもしれないですね。

 

リタリンとかコンサータとか

パキシルとかは

全然効かない上に

危険なので。

 

ASKAさん新曲『FUKUOKA』歴史的身体から見直すPTSD性依存症

 

地元「福岡」も

HIROSHIMA

NAGASAKI

FUKUSHIMAと同じで

「FUKUOKA」と表記すると

トラウマチックな象徴になります。

 

「つまさき」から始まるのは興味深いです。

 

「脚下照顧」とは

 

 

自分の足元

つまりは

自分が生まれる前の問題から

(父母未生以前の面目)

問題をおさらいすることで

 

心理療法でも

宗教の修行でも

それが基本になります。

 

「今は昔」と歌われていますが

これは

 

かぐや姫でも

レッドタートルでも出て来る

哲学的命題です。

 

 

過去を忘れて前向きにではなく

「今=昔」という

頭の硬そうな人からは

馬鹿されそうなところから考えるのは

 

集合的無意識的に考えるということです。

「誰でもない自分」

「生きるように生きてきた」

「おはよう」「こんにちは」とあいさつくりかえす

日常は

「いつも未解決」です。

 

人類はいつも発展途上ですが

考える材料を与えてくれる

過去の記憶である

歴史的身体に「感謝」という

締めくくりのようです。

 

なかなか宗教哲学的ですね。

 

構造的にはよい感じに仕上がっていると思います。

 

売れるかどうかじゃなくて

治療的にという話ですが。