ストレス」カテゴリーアーカイブ

名古屋市営名城線・名港線は栄駅でのPTSD解離自殺で遅延中

栄駅で発生した

人身事故の影響で

現在も列車に遅れが出ています。

名古屋城のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

「PTSD予防」の画像検索結果

経済的ダメージも深刻で

小学生が日傘で登校するなど

日本の風景も様変わりしました。

日傘をさす女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや日傘をさす男性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

ランドセルのイラスト「赤と黒」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

理不尽な現象にも

夏休み10日

海水浴も禁止

スポーツチャンバラのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

黙って適応しようとする我慢強さが映し出されています。

薬物中毒・薬物乱用のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

それで薬が必要になるんですね。

東京オリンピックのイラスト「日の丸と文字」 | かわいいフリー素材集 ...「欲しがりません...」の画像検索結果「我慢大会」の画像検索結果

宝塚市の大学生がボーガンでPTSD解離性無差別殺人

午前10時すぎ

兵庫県宝塚市の

JR宝塚線中山寺駅の南約2キロにある住宅街で

ボーガンのようなものに刺された

「ボーガン」の画像検索結果

成人の女性2人が

搬送先の病院で死亡しました。

他にも複数のけが人がいるようです。

人身事故が増え

凶悪犯罪が増えていると思えば

民家で無差別殺人事件が起こりました。

発達障害誤診で

薬害の影響もあるのでしょう。

国民一律にストレスがかかっていますが

「給付金」の画像検索結果

あふれやすい人たちには

「いっぱいいっぱ...」の画像検索結果

こころのケアが必要です。

オンライン講義ストレスあるある

勉強というくらいで

強いて勉める。

ただでさえストレスなのに

慣れない環境で

大変な負担になっているそうです。

新しい不登校のかたちが生まれているかも…

先生も試行錯誤中で

悪気はないんですよね。

先生同士の連携どころか

こういうのまで

「ZOOM team」の画像検索結果「team」の画像検索結果

統一されてない学校もあるとか…?

「実験マウス心理...」の画像検索結果

行動療法の基礎モデルは

こういう実験からつくられるんですよね。

薬害実験よりはいいけど…。

【文科省】PTSD症状(コロナ不安)を出席扱いにする功罪

新型コロナウイルスの影響で

休校していた学校が再開されるなか

文部科学省は

保護者から

「感染が不安で休ませたい」と相談された場合

新型コロナウイルスは

大した感染力でもないのに

どこまでも特別扱いですね。

合理的な理由があれば

早速悪用されそう…。

悪用

欠席扱いにしないことを可能とする見解を

入試などに影響する「欠席」ではなく

校長が出席しなくてもよいと認める「出席停止」

全国の教育委員会に示しました。

「PTSD予防」の画像検索結果

強い不安を感じている状態は

予防段階ですから

ストレス回避するだけではなく

何らかの方法で

不安に対応することが必要でしょう。

学校に行かないわけですから

スクールカウンセラーとは違う専門家が

エテ公🐒(公認心理師を得ること)が多いから

心療内科に送るらしいけど…。

対応するかもしれませんが

心療内科はちょっと違うと思いますよ。

「PTSD予防 広島...」の画像検索結果

よくある間違いです。

ここから薬害の泥沼に入り

「歯車 芥川龍之...」の画像検索結果

人生の歯車が狂うこともありますから

お大事に💐

テロのようなコロナ騒動 ~PTSDストレスポニョ実験2020

エジプトなど中東諸国は

ラマダン入りしました。

一か月間

日中は何も食べない。

 

近年

ラマダン月及びその前後には

世界中で多くのテロ事件が発生していますが

新型コロナウイルス騒動は

まるでテロみたいですね。

これまでの戦争でも

殺りく以外に

心理戦が組み込まれ

今も負の連鎖しています。

 

断食のストレスに加え

適切な断食とならず

かえって

健康を害する人が多いほどのストレス

モスク(礼拝所)は封鎖され

集団心理療法のような作用

友人や親族があつまって

旧友を温めることもできず

精神的苦痛は倍増

DVや

チュニジアでは5倍

自宅から電話できない人も多く

氷山の一角と言われている。

虐待も程度が激しくなり

こどもを柱に縛りつけ撲殺

被害者の自殺や死亡も増えたので

シェルター等を増やすことにしたそうです。

 

裕福層のふるまいもなくなり

日没後

街角のテーブルにふるまわれた料理を

見知らぬ人たちが一緒に食べる。

貧しいひとたちの楽しみも奪われました。

 

心理検査は

附属小学校等でつくられるので

IQが低めに出ることが知られていますが

「WAIS コンサー...」の画像検索結果

血圧や血糖値の正常値の操作と同じ

 

「PTSDとは」の画像検索結果

普通のストレス脆弱性だと

厳しい

崖の上のポニョ状態ですね。

 

ストレス学会のコロナ騒動在宅PTSD予防法

新型コロナウイルス騒動で

ひきこもりが勧められています。

「うちだけではなく

世の中みんな同じだから……」 等

戦時中みたいですね。

「欲しがりません...」の画像検索結果

さまざまなレベルのストレスが発生しているわけですが

ストレスケア専門の学会による

心身を保つ「あかさたな はまやらわ」を基本に

世界保健機関(WHO)推奨の

つながりを持つ

日課を続ける

新たな日課をつくるのがよいそうです。

トラウマティックストレス学会となると

実質PTSD学会ですね。

「窪田由紀」の画像検索結果「トラウマティッ...」の画像検索結果

「何が起きているのか分からない」という

未曾有の事態への適応という

九州産業大学(福岡市)の窪田由紀教授

心理療法的で

哲学的なところに光があたります。

パニック障害で乳児を転落死させた母親のPTSD性『藪の中』思考

大阪市平野区の市営住宅で

近くに住む生後7カ月の赤ちゃんが

9階から転落死した事件で

殺人容疑で逮捕された母親(36)は

「9階付近の階段の踊り場であやしていたら

泣きやまず

パニックになり

片手を離してしまった」と

供述しているそうです。

「ビリーミリガン」の画像検索結果

「突き落としてはいない」

「手すりに座らせたら落ちた」

「手を離した後に

思い直して支えようとしたが

間に合わなかった」とも言っていて

「藪の中」の画像検索結果「藪の中」の画像検索結果

1人の人格として

総合的に考えたり記憶したりすることが

できなくなっているようです。

解離状態

うまくいかなくて

気持が落ち込むことがあってもよいのです。

「産後鬱」の画像検索結果

うつ病と診断されて

抗うつ剤を処方されると

「大麻 erik...」の画像検索結果「大麻 erik...」の画像検索結果

ストレスが

意識から消滅しスッキリ

=判断能力が失われ

「さんごうつ自殺...」の画像検索結果

自傷&他害リスクが高まります。

東京五輪「トイレ」プールでおもてなしのPTSD実験

11日

東京オリンピックに向け

水泳のオープンウォータースイミングのテストイベントが

東京のお台場海浜公園で行われ

五輪コースが「くさい。トイレみたいな臭い」。海水の臭いに選手が不安訴える オープンウォーターテストイベント

 

複数の選手が

「臭いなあというのはある」

「正直くさい。

トイレみたいな臭いがする」と訴えていましたが

「オリンピック水...」の画像検索結果

東京湾自体の汚染が

いろんな意味でひどいようですね。

 

国際水連が定める

水温を守るために

本番の開始時間も

午前7時から午前5時になるかもしれないそうで

鍛えられた選手なら

暑さや悪臭、不安という

悪条件下のストレスに耐え

いじめ等のストレスでも

PTSDを発症せず

適応障害にならないようにしないと

発達障害と診断される国ですから

記録を伸ばせるかという

究極の人体実験みたい…

 

「おもてなし」の画像検索結果

「おもてなし」の画像検索結果

もとい💦

おもてなしでしたね。

 

「アンダーコント...」の画像検索結果

「アンダーコント...」の画像検索結果

 

どっちですか?

「顔面麻痺」が脳梗塞になるDSM的PTSD解離診断

美しいラガーマンの奥さんが

「顔面麻痺」になり

受診したら

来る医者来る医者

みなに大笑いされ

原因も

最後は免疫力の低下によるものとわかりましたが

最初は脳梗塞と言われたそうです。

さらに進んで

なぜ免疫力が低下するのか

ご本人もストレスを訴えておられるのですから

PTSDと診断しないとダメでしょうが

「DSM」の画像検索結果

DSM脳の病院では

無理ですね。

いじめや虐待に苦しむ子どもたちに対しても

学校に行けないとか

勉強が苦痛なだけで

(命の危険があるのに

勉強どころじゃないでしょう)

頭ごともうだめですと言っちゃうんですから

ホント困った頭脳です。

いじめPTSDの「抗うつ」にはフェニルエタノールでアロマテラピーと川崎医療福祉大グループ

バラの主要な香り成分

フェニルエタノール」に

抗うつ効果があることを

フェニルエタノールを吸わせたマウスは

ストレス環境下でうつのような状態になりにくい。

 

川崎医療福祉大医療技術学部の

上野浩司講師(神経生理学)らの研究グループが

突き止め

フランスの科学雑誌電子版に掲載されたそうです。

 

ストレス環境というのは

マウスのしっぽをそれぞれテープで固定し

逆さづりのような状態にして10分間放置したものですから

ビリー・ミリガンは幼少期

義父にこのような虐待を受け

多重人格になった。

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

いわゆるノックアウトマウス=PTSDマウスです。

「ノックアウトマ...」の画像検索結果

遺伝子レベルでの虐待も

 

うつ傾向の指標は

あがくのをやめて動かなくなる「無動時間」の長さですから

 

人間で言えば

理不尽なパワハラに遭って

意気消沈して気力を失い

出社できなくなるような状態にあたります。

 

いつ終わるとも知れない

10分間行いますとは知らされていない。

この理不尽な恐怖の仕打ちに対しては

すべてのマウスがショックを受け

一時は動けなくなりますが

帰還兵のこころは自由になっただけでは

リセットされません。

 

通常の反応

「PTSD予防」の画像検索結果

フェニルエタノールで

ストレス緩和されリラックスしたマウスは

2分~1分半早く活動開始できたそうです。

 

「フェニルエタノールがストレスを緩和させ

抗うつ作用を発揮することを示した実験結果」と分析し

精神疾患の新しい薬や

治療法の開発につながる成果が得られたとのことですが

 

アロマテラピーのままでいいのではないかと思いますし

「アロマテラピー」の画像検索結果

呼吸を整えたり

マッサージ等の施術で

瞑想状態に導いたりします。

バラの香りのどの成分が作用しているかを明らかにしたとのことですが

香水や化粧品などに使われるフェニルエタノールに着目して

実験開始したのなら

確認しただけです。

 

よく査読に通りましたね、

科学論文の七不思議です。