カテゴリー別アーカイブ: ストレス

小室哲哉もPTSD性難聴で引退へ

音楽プロデューサーの

小室哲哉(59)さんは

都内で

記者会見を開き

 

不倫騒動の責任をとる形で

「僕なりのけじめとして

引退を決意しました」と

発表しました。

 

globeのボーカルだった

KEIKO(45)さんが

2011年に

くも膜下出血で倒れて以来

 

献身的にリハビリを支えきたものの

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが

日に日にできなくなって」

「3年ほど前から

疲れ始めてきたことはあったと思います」と吐露

 

「2017年の夏前

突発性難聴に近い状態になりまして

今も左の耳がほぼ聞こえないです。

原因不明ですが

ストレスによるものだろうと診断されました」と

説明されました。

 

 

「メスメル」の画像検索結果

 

失聴は

精神分析が生まれる前に

流行った

ストレス性心身症の1つで

ヒステリーと呼ばれた時代もありました。

 

「TMS」の画像検索結果「メスメル」の画像検索結果

 

相変わらず

もとい最先端の?!

怪しげな治療が

注目されたりするところは

今も変わりませんが

 

当研究所では

ストレス性心身症は

箱庭で対応しています。

 

「憑依型象徴表現」欅坂46が過呼吸で倒れた紅白歌合戦2017

第68回紅白歌合戦で

欅坂46の

鈴本美愉(20)さんが

総合司会の内村光良とコラボした際

最後の決めポーズで後ろによろけ

 

 

 

センターの平手友梨奈(16)さんも

ふらつき

歌唱後

メンバーに両脇を抱えられて退場したそうです。

 

他にも

鈴本、平手、志田さんら3人が過呼吸になり

「現場で待機していた看護師の手当て」を受けたとのことで

 

「紅白にかける思いが強すぎて

このような症状になった」とのことですが

確かに

森昌子(1970年台の中学生)なんかも

舞台袖で倒れていたと

校長先生が言っていた。

“憑依型”パフォーマンスが

持ち味と言われているそうなので

崖の上のポニョなみの限界パフォーマンスで

無になると

巫女的に今を映し出す表現が宿る。

『不協和』という曲のタイトル

言いたいことが言えないから

本当は不協和音だらけでしょ?

 

「逆三角形」状のフォーメーション

変化のサイン

なんか象徴的な意味を感じます。

 

 

 

 

2018は

問題が浮き彫りになるように

コラボが流行ればいいかも!

 

時代の象徴としてのマツコ・デラックス入院とPTSD予防法

タレントの

マツコ・デラックス(45)さんが

10日

入院し

テレビ業界は大わらわです。

 

風邪気味だったところに

ウイルスで

三半規管が腫れあがり

目まいなどが発症したそうですが

 

医師で作家の米山公啓氏は

「突発的な目まいについては

過労やストレスが原因といわれますが

明確な原因は解明されていません。

目まいが何度も起きるようなら問題ですが

一般的には2、3日で回復

問題ないでしょう。

 

ただ

日本人は白人と異なり

肥満で長寿は不可能といわれています」

 

 

「ゆめぴりか」の画像検索結果「ゆめぴりかマツ...」の画像検索結果

 

このシルエットが問題みたいですよ。

 

ストレスは

万病のもとですが

 

 

見えないので

 

PTSD予防しながら

 

 沖縄では

子どもが転んだだけでも

転んだ場所に案内させたものです。

魂が置いてけぼりになると

あとあと厄介だから

なぜ泣いているのか

確認しておく必要があるのです。

食べ過ぎに気をつけるとよいでしょう。

 

 

「ご飯は残さず食...」の画像検索結果「大食い」の画像検索結果

 

おかしな流行が拍車をかけ

 

「もえあず過食」の画像検索結果

 

 

摂食障害も増えました。

 

マツコさんの入院は

1つの時代の終焉としての

象徴的な出来事なのだと思います。

 

日本ストレス学会とPTSD

本日から

第33回

日本ストレス学会学術総会開催中です。

 

 

「疲労とストレス」

「笑いとストレス」と

ストレスマネジメントが中心ですが

 

大野裕先生の

認知行動療法もありました。

うつ病もどきのPTSDの治療法ですね。

効くかどうかは知りませんが。

 

明日は

「トラウマティックストレス研究」がありますが

「PTSD」とは呼ばないところが

微妙ですね。

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

 

最近は

PTSD概念に収まりきれずって

ケースが増えているのでしょうか。

 

 

象徴が使えない発達障害が増えているって

愚説みたいに。

 

ストレスはポケモンGO依存症にして軽減(東京大学精神保健学)では不可能なPTSD 予防

「ポケモンGO」を

1カ月以上続けて

プレイした労働者は

心理的ストレスが減ったという

調査結果を

東京大の

川上憲人教授

(精神保健学)らの研究グループが

英科学誌サイエンティフィック・リポーツで

7日に

発表したそうです。

 

「ポケモンゴー」の画像検索結果

 

情報源: ポケGO 1カ月でストレス軽減 | 2017/9/7(木) 21:08 – Yahoo!ニュース

 

精神医学って

凄いですね。

 

どうすごいか

わかりますか?

KinKi Kids堂本剛が突発性難聴(PTSDの失聴)で入院

KinKi Kidsの

堂本剛(38)が

突発性難聴で

1週間の入院を余儀なくされたと

相方の

堂本光一(38)が

28日放送の

テレビ東京系

「テレ東音楽祭2017」内で

明かすと

観覧席からは

「エーッ?」と悲鳴があがったそうです。

 

ショックは負の連鎖しますから

急遽

ショックを共感する

PTSD予防セッションとなったのでしょう。

 

突発性難聴は

突然

耳がつまったような感じや耳鳴りがして

ひどい場合は

めまいやふらつき

吐き気を感じる症状です。

 

原因は不明で

ストレスや疲労

ウイルス感染などが疑われるとのことですが

 

よく話を聴けば

ストレスによるものと判明するものです。

疲労は

ストレスを増幅しますし

免疫力低下から

様々な心身症のもとになりますね。

 

浜崎あゆみやスガシカオ

エレファントカシマシの宮本浩次などが

罹患したと公表してますが

 

みな

神経過敏な感じです。

 

注目される表現者はみな

あやういバランスの上に生きているものですから

お大事に✨

 

精神障害に対する認知行動療法無効説【否認】こそPTSDの認知の歪み

桐生第一高校(群馬県桐生市)では

認知行動療法

スポーツの成績向上に生かし

選手たちの心理的負担や過剰な不安を軽減し

持てる力を十分に発揮させることに成功しているそうです💯

 

スポーツで鍛えられた強い自我や

その証左としての「素直さ」があれば

 

「認知行動療法」の画像検索結果

 

コラム法も有効でしょう。

 

「内観療法」の画像検索結果

内観療法や箱庭療法が

治療のためだけでなく

健常者の

自己啓発やストレスマネジメントに使用されてきたのと

同じことです。

 

 

 

認知行動療法の第一人者で

精神科医の大野裕さんは

「現実に冷静に目を向けることで実力が発揮できる。

たとえ勝てなくても

多感な時期に

視野を広げる方法を学ぶことは

今後の人生に役立つ。

多くの学校で取り入れてほしい」と

話をすり替えつつ

肝心の「うつ病」等の精神疾患には

 

「思い出せない」の画像検索結果「思い出せない」の画像検索結果

(時空がこんがらがったり記憶が飛んだり…)

 

全く無効である現状を

【否認】されてます。

これこそが

PTSD性の認知の歪みでしょうが

 

「公認心理師」の画像検索結果

 

にんじん(国家資格)をちらつかせながら

「踏み絵(真の臨床心理学)」を踏ませ

(心理士らへの集団認知行動療法大成功!)

 

「踏み絵」の画像検索結果「踏み絵」の画像検索結果

 

心理療法=認知行動療法にしてしまったので

強気ですね。

 

「次期学習指導要領」スクールカウンセラーがしない「こころのケア(PTSD予防)」教育は体育で?

本日

文部科学省は

次期学習指導要領の改定案を発表しました。

 

小中学校の社会科では

「鎖国」の表記を

「幕府の対外政策」に改め

「聖徳太子」は

「厩戸王(うまやどのおう)」に変更します。

(親しみがあるので小学校では両方教える)

 

「不安や悩み」「ストレス」への対処法を学ぶことが

新たに明記され

今後

深呼吸して気持ちを落ち着かせる「呼吸法」や、

体をリラックスさせる方法などが

指導要領の解説書に

盛り込まれる見通しだそうですが

 

これは

体育の先生らが教えるみたいですよ。

 

公認心理師が国家資格になるということもあり

 

PTSDを

フツーとスルーしたり

発達障害誤診で薬漬けにしてきた

 

 

臨床心理士らによる

スクールカウンセラーは

撤退させるのでしょうか。

 

 

臨床心理士の資格が紙くずになるとは

今更言えず

内部では

「Wライセンスの時代かもねぇ💕」と騙し続けながら

 

臨床心理士の資格団体から

公認心理師の資格団体へと

看板だけ書き換えようとしているらしいですよ。

 

こんな団体に

子どもたちのこころの教育を

任せるわけにはいきませんよね。

 

判決ストレスで多弁な号泣県議(49)のPTSD解離ブログ

政務活動費

(政活費)約913万円をだまし取ったとして

詐欺罪などに問われた

元兵庫県議の公式ブログが

判決公判当日の

6日未明に更新されました。

 

報道機関にあらためて

取材の自粛などを要請しているのは

わかりますが

とても県議をしていた人の文章とは思えず

 

出廷ストレスが顕著ですね。

 

8717057d1d308f53a7eee6d30714fd78-1-1

 

悪事がバレて

信用を失い

社会的地位を失うということは

強い恐怖に相当します。

PTSDは不安を回避する

ストレス障害ですからね。

 

yjimageZKMWL5WY

 

もちろん

大人の発達障害などではありません。

 

「職場の人間関係ストレス」で一家4人殺傷 のPTSD解離長男(31)逮捕

浜松市北区三幸町の

飲食店経営男性(60)方で

22日未明

家族4人が死傷した事件で

殺人未遂容疑で逮捕された

長男の会社員(31)は

「職場の人間関係でストレスがあった」という趣旨の

供述をしているそうです。

 

死亡したのは

男性の

母(83)、家業手伝いの妻(62)、会社員の長女(32)で

3世代の女性ですが

母子関係のこじれからの

負の連鎖なのでしょう。

苦しみに耐え難く死にたいと思うことがあれば

この家はもうだめだと判断してしまい

このような行動に出ることもあるのでしょう。

 

いずれも認知の歪みですが。