カテゴリー別アーカイブ: 哲学・宗教・倫理

大阪震度6地震で「シマウマ脱走」デマツイートのPTSD解離性愉快犯

本日の

大阪は

震度6弱を記録する

地震で大変でした。

 

 

「大阪地震運行停...」の画像検索結果

電車はすべて運行停止

 

 

「地震電車降ろさ...」の画像検索結果「大阪地震線路沿...」の画像検索結果

 

電車から降ろされ線路沿いを歩く。

「大阪地震駅混雑」の画像検索結果

駅や周辺で長時間待機

 

最初のニュースで

「TVやラジオ等

信用できる情報」を聞くようにし

不用意なSNS発信をしないようにと

呼びかけられていましたが

 

そういうと余計にと反応してしまうのが

PTSD解離人格です。

 

「シマウマが逃げた」という

型にはまったデマツイートが

ネット上に出回りました。

 

 

2016年4月の

熊本地震では

「熊本の動物園からライオンが逃げた」という

デマTwitterを投稿した

神奈川県に住む会社員の20歳男性が

動物園の業務を妨害したとして

熊本県警に逮捕されていますよ。

 

 

「依存症」の画像検索結果

依存症は

PTSDの症状で

逮捕されることも少なくないです。

 

兵庫県立明石学園寮長が発達障害入所児をPTSD解離虐待

児童自立支援施設の

兵庫県立明石学園

(明石市魚住町)で

 

50代の男性寮長が

 

約2時間にわたり

10代の男子寮生に対し

馬乗りになり

説教するなどの行為をしたとして

 

学園は

精神的、身体的な虐待と判断し

県に報告しました。

 

「兵庫県立明石学...」の画像検索結果

 

「生活態度の反省を促すため

逃げないように乗った。

行き過ぎで

【解離】し判断能力を失った。

指導法を間違っていた」とのことです。

正気にかえると理解できる。

 

「自立支援学校早...」の画像検索結果「自立支援学校早...」の画像検索結果

 

発達障害は

早期発見が大事と

さかんに喧伝されてましたが

現場は疲弊しているようで

問題が多発しています。

 

寮長は

他児にも

自分と同じように馬乗りになるよう

いじめを強要するなんて…。

指示したそうですが

 

まるで

日大悪質タックル騒動ですね。

 

 

日本中で似たような問題が起きていて

とても象徴的です。

 

PTSDを発達障害扱いすると

手に負えなくなりますよ。

「手に負えない子」の画像検索結果

専門家立入禁止の日大悪質タックル第三者委員会もPTSD解離性遁走中

日大アメリカンフットボール部の

悪質タックル問題で

負傷した

関学大2年生QBの父

奥野康俊氏(52)は

 

日大の

第三者委員会による

ヒアリングを受けたが

 

 

 

 

弁護士に

「あのタックルは怪我を軽くするためのタックルだったのでは」

と説明され

不愉快になり

 

ズバリ質問した結果から

「中立を担保するために

あなたは

日大との利害関係はあるのかないのか尋ねた」ら

「弁護士は、ない。と答えた」

次に

今回の調査で

日大からお金をもらっているのかと聞いたら

「はい。と答えた」

 

果たして

これで利害関係がないと言えるのかと

不快感をあらわにされ

 

「何を守るための第3者委員会なのだろうか

事実を確認するだけで

真相究明する気は全くない。

息子に怪我をさせた理由を知りたい」と

不信感を募らせておられます。

 

意図的に

その構成メンバーに

アメリカンフットボールに見識のある専門家を入れていないという

予断を挟まず

あえて客観的な“素人目線”で事実認定を重ねて

合理的に結論を導きたいというのが理由らしいが

日弁連が定めている

「第三者委員会ガイドライン」から逸脱

驚きの方針も

複数の関係者の話で明らかとなり

 

ダメダメ日大劇場はまだ続いているそうです。

日本の大学の象徴

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

敢えて

PTSDの専門家を外すのも

本質は

PTSD心理の解明でしょう?

お約束みたいな

ダメダメぶりもきちんとおさえられていて

パーフェクト💯点!です。

 

「チベットの死者の書」がん患者の自殺とPTSDの負の連鎖予防のためのヴィジョン研究

あるホスピス医は

「ホスピス」の画像検索結果

 

がん患者は

他の病気の患者よりも自殺することが多く

 

「PTSD予防」の画像検索結果

死の恐怖のため

ホスピスで

がん患者を診察し続けていれば

いつかは

自殺する患者を目の前で診察する日が来ると

心のどこかで思ってはいたものの

 

現実になってみると

その衝撃は

即座に心の深くまで到達したと言い

 

患者の自殺は、残された人たちの心を壊す

負の連鎖についても報告しています。

 

ある末期の肝臓がんの男性は

入所2週間後に

自分の肝臓めがけてナイフをつきさし

まるで手術のメスのようにきれいな線で

腹部の表面から内臓のぎりぎり外側(腹膜)だけを切り

大出血することもなく

(結果的にですが)

医者にがんを確認させたというのは

意識と無意識が不思議な状況である

【解離】心理によるものだろう。

 

「自分で病気を治すために、自分で腹を切った」

「もういいんや、生きていても仕方がない。

どうせ死ぬのなら、早いほうがみんなにもいいんや」と

矛盾する感情を吐き出し

「陰陽」の画像検索結果

 

興奮しているためか

腹部の痛みは感じていないようだったそうです。

リスカして

こころの痛みが置き換わり

すっとするとは聞きますが

 

自殺場面に遭遇した

パートナーの女性に対しては

心のケアをしようと心に決めました」とのことですが

PTSD予防のこと

短期間だったようで

半年経っても

以前のような穏やかな明るさは回復せず

「あの病院にはもう近づきたくない」と

 

「PTSD回避」の画像検索結果

この病院に近づく必要はないですが

病院や医療を「回避」するようになると

困りますね。

 

話していることを人づてに聞いたそうです。

 

ベテラン看護師の女性は

その時いつものような冷静さを失い

一度に沸き起こるいろんな感情を

受け止めきれないようで

無言で下を向いて泣いていましたが

 

気づいてあげられなかったという罪悪感から

部屋に近づくだけで動悸がするようになり

部屋の中に入ることができなくなり

仕事もできないほどで

「心的外傷後ストレス障害(PTSD)によるフラッシュバック」という

「深刻な状態」で

いったん仕事を休み

精神科の診察を受けることになりましたが

助けにならず

催眠療法を得意とするある霊能者のもとで

不思議な体験をして

 

「亡くなった後

部屋には多くの天使がやってきて

包帯で体中をぐるぐる巻きにした。

そして天使たちからきちんと治療とケアを受けて

今は自由な状態にある」

 

落ち着きを取り戻していったそうです。

 

「ナウシカひかり...」の画像検索結果「ユング ビジョ...」の画像検索結果

 

よくはわかりませんが

とことんまで悩み抜いたときに

ふつふつと浮かび上がるイメージから

何か哲学的な答えをつかむことで

回復してゆくというのは

 

心理療法の源流であるシャーマニズムや

ユング

ジブリのお得意とする分野です。

 

 

できれば

ガン告知の段階で

こころのケア(PTSD予防)が徹底されるといいですね。

「チベットの死者...」の画像検索結果

 

その事例研究が集まると

チベットの死者の書みたいになるんじゃないかと

チベットのPTSD予防教育

私は思います。

 

神戸市教委PTSD解離自殺隠蔽指示と公認心理師の試練

おととし10月

神戸市垂水区で

中学3年の女子生徒が自殺し

 

生徒からの聞き取りメモが

なかったことにされていた問題ですが

 

教育委員会の担当者は

校長に

「先生、腹くくってください」と指示を出し

校長は

これに応じています。

 

 

「情報開示のための事務作業が増える」からとは

ひどい話で

 

「ジキルとハイド」の画像検索結果「多重人格」の画像検索結果

 

良心を解離しています。

 

公認心理師の資格をもった

スクールカウンセラーが

学校で働くということは

 

「良心の解離」の画像検索結果

ほんとに貢献してる?

こういうリスクに向き合うということですが

 

「発達障害流行」の画像検索結果

 

偽の発達障害流行の片棒を担いできた

実績からすると

 

試練という意識はないかもしれません。

 

公認心理師に

粗相をさせないためには

こういう問題をオープンにし

みんなで見守るしかないでしょう。

 

神戸市教育委員会は校長に「いじめ自殺」の証拠を裁判所にも隠すようPTSD解離指示

神戸市で

中学3年の

女子生徒が自殺し

教育委員会の担当者が

いじめをうかがわせる

同級生への聞き取りメモを

隠蔽していた問題で

「情報開示など事務作業が増える」ので

当時の校長に

「メモはない」と答えるよう指示

遺族の求めに応じて

裁判所が

関係書類を証拠として保全する手続きを行った際も

校長に

「腹をくくって下さい」と言って

メモを隠すよう指示

裁判所にもメモを隠していたことが

わかりました。

 

 

「神戸市教育委員...」の画像検索結果

 

日大と同じ

学校の組織的問題ですね。

 

「日大会見」の画像検索結果

 

 

学校を信用できなくなるということは

拠り所が不安定になるということですから

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

子どもたちに

こころのケアが必要でしょう。

 

「心のケア」という言葉は知っているみたいなので

「神戸市教育委員...」の画像検索結果

日大アメフト真摯な謝罪で被害者と加害者が示談「アジャセコンプレックス」と奇跡のPTSD予防

日大アメリカンフットボール部の

悪質タックルの

被害にあった

関学大アメリカンフットボール部部員の父が

フェイスブックで

タックルをした宮川選手との

示談が成立したと明らかにしました。

 

警察が難色を示していた

宮川選手を除く

内田正人前監督、井上奨前コーチの2人に対する

告訴状も提出できたようで

「嘆願書6348通

(4万を超えるネットによる嘆願書は別)の威力

何かと

奇跡のような出来事には

大変勇気づけられます。

 

「日大3人告訴」の画像検索結果

 

PTSD事件が報道されると

必ず最初に

「謝罪はあったか」と質問されます。

 

それは

日本人は深層心理的に

罪は罰すればよいというものではなく

 

「罪と罰」の画像検索結果

 

こころから反省し

事件以前よりも変容することを

理想とするからです。

 

「アジャセコンプ...」の画像検索結果「アジャセコンプ...」の画像検索結果

 

 

「宅間」の画像検索結果

 

多くは永遠に謝罪されないものなので

宮川選手はこんなに凶悪ではないです。

 

宮川選手の真摯な謝罪が際立つわけですね。

 

阿闍世王も

自分の責任ではないところで

罪を犯させられ

父母未生以前の面目

絶望しましたが

 

こころからの反省を感じたとき

救われ

よい王として君臨するようになりました。

 

ポニョと同じ

自己実現モデルです。

 

 

 

 

日大PTSD解離性悪質タックルの監督とコーチは除名処分

日大アメリカンフットボール部

守備選手による

悪質なタックル問題で

関東学生連盟は

29日

臨時理事会を開き

日大の

内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(30)について

選手は

指導陣の指示に従って危険なタックルをしたと話し

内田、井上両氏は

反則指示を否定

永久追放に相当する

「除名」処分にしました。

 

「日大除名」の画像検索結果

 

刑事として立件される前に

人道上の罪として

裁かれました。

 

目に見えなくても

関係者への

PTSD予防に貢するでしょう。

 

 

日大悪質タックルPTSD解離指示の監督は永久追放コーチは資格剥奪へ

「関東学生アメリカンフットボール連盟」の

規律委員会は

 

日大の悪質タックル事件を受け

 

日大の

内田正人前監督と

井上奨前コーチが

「アメフトへの信用を著しく損失させた罪は大きい」と判断

内田前監督は

処分の中で最も重い

事実上の“永久追放”に当たる

「除名」処分

井上前コーチは

2番目に重い

「資格剥奪」の処分

 

日大アメフト部については

「無期限の活動停止」処分とする

見通しだそうです。

 

常識的人道的判断が下され

関係者に対するPTSD予防効果が大と言えましょう。

 

しかし

加害選手を含め

日大生である選手たちは

被害者ですから

「PTSD予防」の画像検索結果

アメフトにすべてをかけてきて

この処分は

理不尽すぎます。

 

大学は

PTSD予防をすべき責任があります。

 

名門日大アメフト部もPTSD解離行動で無期限出場停止処分へ

「日大アメフト会...」の画像検索結果

学生さんの真摯な対応に対して好意的だった記者らの

 

不信感あふれる質問に

「正直…」「正直…」と言葉をつなぎながら

必死で答えるコーチと監督の姿は痛々しく

この期に及んでも

あくまで核心はブラックボックスのまま

隠蔽し

事なかれ主義で済まそうとしている。

 

「やめて下さい」

「同じ質問迷惑です」

「もう十分です」としつこく制止する声が異様だった

広報担当の司会者は

日大ブランドは落ちないと言ってましたが

 

「日大司会者」の画像検索結果「日大広報担当者」の画像検索結果

「監督が辞任し

指導陣が変わったからといって

あのような危険なプレーが繰り返されない保証はない」とのことで

 

「文化庁」の画像検索結果

「文科省長官日大...」の画像検索結果「鈴木大地日大ア...」の画像検索結果

 

危険なプレーが二度と起きない状況が確保されるまで

PTSD解離行動の解明

日大アメフト部は無期限出場停止処分となるそうです。

 

 

「解離行動」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

PTSD予防教育が大事な時代の到来です。