カテゴリー別アーカイブ: 哲学・宗教・倫理

妖怪?国際井上円了学会とPTSDイメージ哲学研究

日本心理臨床学会

第36回大会の案内は興味深いです。

諸学の基礎は哲学にあり」を建学の精神とする東洋大学は、1887(明治20)年に哲学者井上円了により「私立哲学館」として創立され、2012(平成24)年に125周年を迎えました。井上円了については、本学会の会員とりわけ催眠研究の専門家の方には御存じの方も多いかと存じます。
井上円了は心理学にも強い関心があり『仏教心理学』『心理療法』等を著していますが、とりわけ日本人が不思議と感じる事柄(とくに妖怪やお化け)を各地で調査しその成果を発表した『妖怪学講義』は有名です。妖怪は日本人の「ものの見方・考え方」にある重大な問題の一つであり、迷信や俗信が人々の教育や宗教信仰の妨げになっていると井上は考えその調査と研究を行ったのです。…(中略)… 準備委員会では、「哲学」と「生涯学習」そして「合理的配慮」をキイワードにして東洋大学らしさを感じて頂けるようなシンポジウムも検討しています…(後略)…

日本心理臨床学会第36回大会実行委員会
委員長 緒方 登士雄(東洋大学)

今週末は

公認心理師の資格問題とか(-_-)

発達障害や認知行動療法とかが(-_-)

興味の中心で

1万人ほどが集まってくるのでしょうが

 

開催大学の創立者

井上円了先生が

化けて出てきそう( ^_^)/□☆□\(^_^ ) カンパーイ!

 

「井上円了」の画像検索結果「井上円了貞子」の画像検索結果

 

ユング心理学の日本版ですね。

 

番外編国際井上円了学会が楽しそう✨

 

「井上円了」の画像検索結果

 

淀川長治さんPTSD克服個性化の「サヨナラサヨナラサヨナラ 」

 

 

他界されたそうです。

 

私も

こんな風にやさしく

PTSDを語りたいものだと思いますが

 

独特の語り口は

 

女系家族で芸者屋育ちなので

祖母・母・二人の姉に盲愛され

フロイトは

母親に溺愛されて

自我肥大を起こした。

「淀川家の血筋を絶やさぬためだけに

妾にさせられた実母を哀れみ

辛い思いをさせた

淀川家に復讐するため

結婚せずに子供をつくらないことで

血筋を絶やした」と

激しい精神に裏打ちされたものです。

 

「美輪明宏」の画像検索結果

 

美輪明宏さんも

似たような環境で育ち

 

「三島由紀夫」の画像検索結果

 

三島由紀夫と親交がありました。

 

「LGBT」の画像検索結果

 

今はだいぶ生きやすくなりましたが

苦労されたことでしょう。

芸を磨くことで

個性化された人たちがいます。

 

 

「さよならさよならさよなら」という

フレーズは

3回繰り返したので

ヒットしたのでしょう。

 

「みのもんた大事...」の画像検索結果

 

つい

こんな風に言いますが

 

「みのもんた大事...」の画像検索結果

 

大事なことだから

2度言いましたというこのお方は

成功するも

失脚

 

「大切なことなの...」の画像検索結果

 

3回がよいようです。

 

「一太極二陰陽」の画像検索結果「一太極二陰陽」の画像検索結果

 

原理的に3は大事なので

 

「阿耨多羅三藐三...」の画像検索結果「般若心経」の画像検索結果

 

究極のさとりも

和訳の際に

3がつきます✨

 

 

『奇跡の丘 』⑧「PTSD予防」マブイ のケアから『 善の研究 』(西田哲学 ) まで

『奇跡の丘 』ですが

 

 

危険が迫っている場合は

退避することが基本です。

 

「心的外傷と回復」の画像検索結果「心的外傷と回復」の画像検索結果

 

そして

いつか

もとの場所に戻って

(心霊上の場所です)

何があったのか

 

 

「心霊上の事実」の画像検索結果

 

心霊上の事実として

心理学的に

検証することが

PTSD予防になります。

 

サバイバーたちが

 

「マブイが落ちた」の画像検索結果「マブイが落ちた」の画像検索結果

 

それを語り継ぐことは

普遍性につながり

PTSD予防中の人々を励ます力となるのです。

 

「善の研究」の画像検索結果

 

「松は松なりに

竹は竹なりに」

「天賦を充分に発揮すること」

つまり艱難辛苦から哲学し個性化するのが

「人間の善」ということですね。

 

哲学者も宗教学者も

心理学者もみな同じことを言っているのですよ。

 

 

『奇跡の丘』①イエス が癒やす蹇( ヒステリー=PTSD)

『奇跡の丘』は

「マタイによる福音書」の解釈に沿って

イエスの生涯を再現した物語です。

 

「奇跡の丘」の画像検索結果「奇跡の丘」の画像検索結果

 

 

イエスの到来を知って

両杖をついた

足の不自由な男性が

必死でかけつけました。

 

イエスに

その杖を手放して見なさいと言われ

素直に応じたシーンです。

 

 

男性は

もと来た道をかろやかに去ってゆきます。

 

ヒステリーですね。

 

今はPTSDと言いますが

失立・失歩・失声・失聴から失神まで

何でも起こります。

 

 

「ポニョPTSD」の画像検索結果

 

『崖の上のポニョ』にも

そんなシーンがありました。

 

治癒に至るには

 

法典学者のように

安息日に治療してはならないと

杓子定規に奇跡の邪魔をするのではなく

 

 

人を試すようなことをせず

 

 

狭き門から入る勇気をもち

哲学的忍耐力を養うことが必要です。

㊗戦後14人目 「千日回峰行」満行 とPTSD治療

比叡山延暦寺に

1000年以上伝わる

「千日回峰行」に挑む僧侶(43)が

1000日に及ぶ荒行を

18日朝

達成しました。

 

この行を成し遂げたのは

戦後14人目です。

 

最大の山場は

2015年の

「堂入り」という行で

9日間

断眠・断水・断食で

真言を唱え続けるという

死と隣りあわせの修行でした。

 

心理療法の死と再生は

このあたりから来ているんですよね。

 

死ぬような思いをしないと

人間は変わりませんが

死なれては困るので

いろいろ工夫がなされました。

 

 

「千日回峰行」の画像検索結果

 

寝床を頭に載せるのは

なんだかユニーク(^_-)-☆

 

 

「バリ島邦人夫婦殺害事件」窃盗から放火殺人の孤独で哀しいPTSD解離心理

沖縄のガマに続き

神々の島

インドネシア・バリ島では

70代の

日本人夫婦殺害事件が起きました。

 

「バリの神々」の画像検索結果

 

20代のバリ人の男は

「借金返済で金が必要だった」ので

窃盗目的で住居に侵入

 

発覚を恐れて

殺害し

証拠隠滅のため

ガソリンをまいて

放火しようとしたそうです。

 

子どもがいたずらしたり

大人が罪を犯したりすることは

普遍的な問題ですが

 

何代にもわたって

一緒に神々を祀ってきた

人間関係のなかでは

こんなことはできません。

 

既存の宗教ではない方法で

人間の深層にある

宗教心を呼び覚まし

再び結びつける

(ヨーガの意味)

必要があるのだと思います。

狡猾なカッコウの托卵のように歴史的身体的に固定される精神障害はPTSD

卵を抱いている

他種の鳥の巣に

こっそりと自分の卵を産みつけ

親としての義務を逃れる

托卵(たくらん)行動で知られるカッコウですが

 

 

英ケンブリッジ大学の研究で

 

カッコウは

托卵がバレないように

 

巣を飛び去る前に

タカ科の鳥になりすまして

「鳴きまね」をし

 

巣の持ち主の鳥を動揺させることで

気をそらす

偽装工作までしている疑いが出てきました。

 

カッコウ一族は

そんなことばかりしてきた種族ですから

その精神は

カッコウの歴史的身体に刻み込まれ

 

背中には独特のくぼみが形成されています。

 

「カッコウ托卵」の画像検索結果

 

ひなは

教えられなくても

その背中にあるくぼみをつかって

正当なお子たちの卵を外に蹴り出し

親を独り占めします。

 

被害鳥は

巧妙に騙され続け

被害意識すらないので

 

「カッコウ托卵」の画像検索結果

 

こんなに大きくなった子(右)に気づかず

エサを与え続けたりすることもあるようですが

(子どもだと思いこんでしまうのでしょう)

 

仏教によれば

動物にも

歴史的身体がありますから

卵の色をカッコウより濃くすることで

対抗して

気づきを促します。

 

 

「カッコウ托卵」の画像検索結果

 

 

しかし

正しいアドバイスというものが

伝わりにくいのは

どこの世界も同じで

 

開き直り確信犯のカッコウに

天罰がくだることもなさそうです。

 

この世は

学びの場所なので

カッコウのような存在も必要なのでしょうが

 

日本の国が

カッコウ王国になるのは嫌ですね。

 

 

「森友学園ガンバ...」の画像検索結果「森友学園」の画像検索結果

 

 

遺伝子に組み込まれたように見えても

歴史的に作られた性格って

あると思いました。

 

カッコウのようになってしまえば

取り返しは困難になるでしょうね。

気が遠くなります。

 

中村雄二郎の「魔女ランダ考」とPTSD治癒論理

日本を代表する哲学者の

中村雄二郎さんが

26日

91歳で

腎不全のため

他界されました。

 

「魔女ランダ考」の画像検索結果

 

魔女ランダとは

ヒンドゥー教の

「悪」を象徴する神獣で

 

「ランダ」の画像検索結果

 

「善」を象徴する神獣「バロン」と

「バロン」の画像検索結果

 

永遠の闘いをします。

 

「陰陽」の画像検索結果「禍福は糾える縄...」の画像検索結果

 

東洋的な考え方の基本ですね。

 

 

夫に先立たれただけでもつらいのに

後追い自殺するべきだという

ヒンドゥの悪習からくる強迫観念に苛まれるうち

子どもを食べるようになった

ランダも

誰かの温かい心に触れて

良心に目覚めることが出来れば

人間を治癒する魔術を使えるようになるそうですよ。

 

 

「パトスの知」の画像検索結果

 

これって

PTSDの昇華の物語じゃないですか?

「身土不二」でPTSD治療 ~伝統医学と仏教のコラボで麻薬乱用者を更生させるタイの寺

タイには

 

流行中の

覚せい剤の一種

ヤーバー

(狂気の薬)の乱用者を受け入れ

タイ伝統医学に基づく治療で

更生させるお寺があるそうです。

 

麻薬をやめたい人であれば

どんな人でも受け入れてくれるし

1日200バーツ(約660円)の食費以外は

すべて無料なので

外国から訪れる人もいるそうです。

 

そして

警察も「治療」を優先しますから

寺にいる人を逮捕したりしません。

 

 

「麻薬2度と使わない」乱用者更生させる寺 壮絶な治療で注目 嘔吐とうめき声、もがくタイの若者たち

 

まずは

ブッダに

二度と麻薬を使用しないと誓ってから

(ブッダ=自分のセルフとラポール形成)

最低15日は

お寺の生活をしなければなりません。

 

薬草による解毒治療がメインで

これが苦しいそうですが

先輩たちが

歌と太鼓で

「♪これで麻薬をやめないと、後は死ぬだけ…」と鼓舞

ある種の瞑想空間のなかで

心から生まれ変わることを目指すのだそうです。

 

クスリをやめるには

人間性が変化するほどの

心理療法が必要だということですね。

 

小手先の

「認知行動療法」とは異質の世界で

PTSDは治癒します。

 

「身土不二」という言葉があります。

その土地で採れたものを食べましょうということですが

医学や心理学もそうだと思いますよ。

 

 

静岡県立大学看護学生のPTSD解離性死体遺棄も『仙人と妄想デートする』なのか?

事件については昨日書きましたが

 

その直前に

縁あって出会った書物が

これでした。

 

「仙人と妄想デー...」の画像検索結果

 

 

確かに

医療が進歩したと言っても

治らない病気だらけで

苦しむ患者さんが多く

昔以上に

こころのケアが必要になりました。

こころのケアというのは

傷ついたこころのケアですから

PTSD予防ということになります。

 

こころのケアとは

どのようなものなのかということですが

 

「キューブラー・...」の画像検索結果「キューブラー・...」の画像検索結果

 

支援者の

「傾聴」に支えられて

苦難のなかで

自分で納得できる哲学をつかむことができたとき

こころの痛みが消えるというのが

教科書的な常識です。

 

しかし

本書は

 

「無名の人々の真剣な営みのなかに

哲学を発見すること」

つまり

哲学を支援者が提供します。

 

しかも

「妄想のなかに入り込んで」

「デートする」

 

 

支援する側の気分の落ち込みを癒やすために

「亡くなった赤ちゃんとのコンタクトを回復しようとします」

「産湯に浸って

ふわーって浮かんで

「ちょっと泳いでみようか」ってぴゅーってしてると

ほんとに赤ちゃんが穏やかな表情で

あのお地蔵さんみたいなかわいい表情になって

そういう表情を見てると私たちが

すごくなんか「うー」ってなってる気分が少し

気持ちが楽になるんですよね。

で、みんな結構そうなんですよ」

「生まれてきたぞ、そして亡くなったぞ」と

声をかけながら、その短い一生の証人になります」

 

これでよいのでしょうか。

 

私には

苦しみの只中にある人を癒やす

幻想(イメージ・ヴィジョン・夢)という

聖なる場所への

 

「ヴィジョンユン...」の画像検索結果

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果

(ヒロインは

周囲が見守るなかで

自分に向き合い

幻覚や夢を見ながら哲学しました)

 

冒涜でないかと感じられます。

 

優秀な学生さんが

「どうしていいかわからなかった」と

解離行動をさせられてしまうような

根本的な哲学的混乱が

今の看護教育のなかにあるのではないでしょうか。

 

そう感じさせられた事件でした。