多重人格」カテゴリーアーカイブ

八戸の無差別殺人未遂事件の少年も真似る解離性PTSD

12日

八戸で女児の首を切り逮捕された少年(14)も

「誰でもよかった」

「人を殺すことに興味があった」という趣旨の

供述をしているそうです。

教育委員会によれば

トラブルもなく

「部活動にも

積極的に取り組んでいる生徒だと聞いている」そうですから

無期懲役が確定した元名古屋大生らと同じタイプの

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果「伝染るんです」の画像検索結果

PTSD解離性二重人格でしょう。

優秀な頭脳を持っていても

流行にかぶれやすい別人格が

安易に暴走してしまうので

悲劇が起こります。

教育長によれば

「命の教育、心の教育に

教職員一丸となってがんばってきたつもりですが

このような重大事案が発生したことを

非常に重く受け止めている」とのことですが

その教育方法が間違っていたのでしょう。

オーソドックスな哲学に裏打ちされた

PTSD予防教育を行い

「PTSD古事記」の画像検索結果

専門家による不正を撲滅しなければ

「東須磨小学校」の画像検索結果

どんな教育も空しいものです。

重大事件の多発により

学校現場の在り方が問われています。

特殊詐欺「受け子」で逮捕された神奈川県警PTSD解離人格警察官(24)

神奈川県警

第1交通機動隊の

巡査(24)は

横須賀市の

80代の男性から

キャッシュカード2枚を盗んだ疑いで

逮捕されました。

警察官を名乗って電話をかけ

「被害に遭ったキャッシュカードを止める」と言って

男性宅を訪れ

キャッシュカード2枚と

プラスチックカードをすり替え

コンビニで50万円を引き出したそうです。

新聞等読んでいれば

言っていることがおかしいとは

わかりそうなものですが

偽警察官と見破りようはないですね。

詐欺グループの悪知恵は進化しています。

「警察学校いじめ」の画像検索結果

警察学校は

小学校勤務どころではないそうなので

「PTSD予防」の画像検索結果

警察官の発症率は高そうです。

「PTSD古事記」の画像検索結果

PTSD予防教育必須ですね。

普通の子どもが凶悪犯罪者『ジョーカー』になるPTSD原理

凶悪犯罪者といっても

すべてはPTSD解離犯罪で

PTSDと呼ぶからには

原因があり

予防も可能とわかってきました。

そんなことを

みんながなんとなく理解できかけた時に

登場したというのが

この映画の位置づけです。

主人公が

自分を「ジョーカー」と紹介してほしいと

アイデンティティはジョーカー

仮面の告白をし始めたところから

謎解きが始まります。

「仮面の告白」の画像検索結果

いつも笑顔で

みんなを楽しませるようにという

母親の言いつけを守っているうちに

大道芸人になりますが

笑い上戸になってしまい

「笑い上戸 お雛...」の画像検索結果

笑いのお面が外れない💦

「パントマイム」の画像検索結果

症状は自己表現です。

意味がわかれば

次の段階に入ります。

自分が児童虐待の被害者で

母親も加担していたこと

母には妄想性障害があることを知った頃から

現実を否認すると

妄想が出るしくみ

人生が暗転します。

少し親切にしてくれただけの女性に

ストーカーするようになり

いつのまにか

母親と同じ妄想癖があって

現実を誤認していると気づくようになった頃には

症状はさらに悪化しており

母親の殺害を含め

「歯車 芥川龍之...」の画像検索結果

人生の歯車は

もう修正不可能と言わんばかりに

暴走しました。

時空が簡単に飛び

この話すら彼の妄想かもしれない

とりとめのない話ですが

なので

心理療法では

事実はいちいち確認しないのです。

その一方では

やはり

こんな大事件とは無関係であるかのような

精神病院での

大量処方と

判で押したような無意味な面談がありました。

仕事はどうかとか

ネガティブになっていないかとかしか

聞かない

病院での精神療法

「本当の悪は笑顔の中にある」

仮面に気づき

この映画の続きを見るのが

心理療法になるわけで

その覚悟が問われているのでしょう。

集団ヒステリーを煽った主人公のように

もうみんなでジョーカーになりますかと…。

殺人事件で逮捕された山形大生(23)もPTSD解離性多重人格

山形県東根市のマンションで

女性医師が殺害された事件で

逮捕された大学生の男は

「覚えていません」という趣旨の

話をしているそうです。

執拗に殴打するような

強い殺意が感じられますが

被害者とは面識がなく

誰でもよかったようで

(無施錠だっただけ)

犯行後は

普通に大学の講義を受けています。

不起訴になった

仙台国立病院研修医(26)のように

2010

福岡まで解離遁走し

(よくあるセットの解離性健忘で「偽名」を使う)

旅館で

経営者の女性を殺害

「ビリーミリガン」の画像検索結果

複雑な生い立ち等

トラウマエピソードが明らかにされるのでしょうか。

無意識的に

誰かに殺意を持った人格が

時空を超えて

少しでいいから似ている別人に復讐してもいいなんて

治外法権をつくってしまう

トラウマは恐ろしいものです。

川崎市無差別殺傷事件容疑者もPTSD解離多重人格

容疑者の男性(51)は

子どもの頃に親族にひきとられ

中学校を卒業しますが

「おとなしくて目立たなかった。

友達と話しているところも見た記憶がない」存在で

近所の人も時々見かけるくらいだったようですが

「(飼い犬の鳴き声が)うるせえんだよ。

ぶっ殺してやろうか」と激怒したり

インターホンを何度も押し

「庭の木が道にはみ出していて

目に当たった」と

約30分間どなったりと暴力的なところがあり

二面性が感じられます。

事件当日初めて近隣住民にあいさつしてから

現場に向かい

児童らを次々と殺傷した直後に

自殺してしまうところまで

「biri-mirigan」の画像検索結果

一人の人間の行動というのは

驚きです。

なにかと

「宅間守」の画像検索結果

この事件と似てますから

(向精神薬も飲んでたんですよね)

同等のこころのケア(PTSD予防)が必要でしょう。

別人格「おっちゃん」の関与認められ執行猶予となったPTSD型覚醒剤依存症

覚醒剤取締法違反に問われた

無職の女(37)の

控訴審判決で

大阪高裁は

「被告は

多重人格で

犯行時は別人格の強い影響下にあり

数か月前から

別人格に体を乗っ取られていて

「覚醒剤を使え」という

「おっちゃん」の指示に逆らうことが困難だった

心神耗弱状態だった」として

多重人格を巡る刑事裁判で

心神耗弱を認めた司法判断は異例

1審の実刑判決を破棄し

執行猶予付き

有罪判決を言い渡しました。

「ビリーミリガン」の画像検索結果

「再犯の予防には処罰より治療が有効だ」というのは

正しい判断ですが

現在の日本では

病院に入院するより

刑務所に入る方が

心身とも健康になり

予後がよいというのもまた事実です。

薬の置き換えをすると同じだけど

人権蹂躙はないだろうからストレスが違う。

「おっちゃん」と話をつけるのも

本当の話のつけかたはあるけど

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

稀有だから✨

刑務官の方が精神科医より得意かも…?

アイコさんも

いろいろ言ってましたが

「声優のアイコ」の画像検索結果

獄中出産し

「声優のアイコ」の画像検索結果

母の顔になりました。

心愛さん死亡させた虐待父(41)もPTSD解離性多重人格

千葉県野田市で

長女の心愛さんに対する

傷害の疑いで逮捕された

父親(41)が

ラジオ番組に出演していた音声が

公表されました。

ラジオ局は

児童虐待防止対策のために

敢えて公表

 

 

「心愛父ラジオ」の画像検索結果

 

父親は

家で心愛さんを虐待し

隠ぺい工作のために

心愛さんの関係先である

学校や児相に怒鳴り込んだりしながら

「安談PTSD」の画像検索結果

 


ラジオでは
沖縄弁を交え

明るくフランクに

沖縄の観光PRをしていました。

 

 

 

虐待の方は

「覚えていない」そうなので

 

「ジキルとハイド」の画像検索結果

 

ジキル博士のようですが

向精神薬は飲まずに

素面で

解離していたのでしょうか。

 

「ドクターデイ ...」の画像検索結果「ドクターデイ ...」の画像検索結果

ドクター💀デイの薬をもらったか…

『シャッターアイランド』戦争PTSDの負の連鎖「多重人格」へのロールプレイ治療と夢見の実際

 

ダッハウ収容所で

ナチス軍が行っていた

残虐の行為を目の当たりにしたあと

ナチス軍自体を処刑することに関わったことが

トラウマになって

「PTSD予防」の画像検索結果「帰還兵自殺」の画像検索結果

 

帰国後

連邦保安官になりますが

アルコール依存症を発症し

家族に向き合わなかったので

妻がこころを病んで

子どもを溺死させ

「自分を殺してほしい」と言います。

 

妻を殺害したあとは

現実をますます受け入れられなくなって

客観を主観に総入れ替え

妄想がひどくなり

別人格や

その妻を殺害した男の人格をでっちあげ

多重人格化

孤島の病院に入院させられますが

どこからも見放された患者ばかりで

ほとんどが犯罪者

重症患者のための病棟で

暴行を働いたので

ロボトミー手術の被験者の候補に挙がり

ロボトミー手術の過激派と

ロールプレイ治療の穏健派に分かれる病院

まずはロールプレイで様子を見ようということになりました。

 

 

保安官のつもりで

別人格

部下(主治医)と

病院で起きた事件の捜査にあたります。

 

 

夢に亡き妻が現れ

記憶を取り戻すうちに

フラッシュバックのような断片の意味が

だんだんはっきりしてきますが

頭痛がひどくなり

妄想に逃げないで頭で受け留め出したので

 

最後の最後に

「逃げて」

「知ってはいけない」と制止しされ始めたときに

超自我やアニマ的な存在なので

耐えられないと判断したのだろう。

精神科医役の看護師から

病院から命を狙われて逃亡中の立場なので

信用されやすい設定

トラウマの話を聞いて

トラウマの語源は「トラウム」で夢のことだとか

(教科書的にはギリシア語の「傷」)

モンスターを見るとか言っていた。

日本語では

夢は「寝目(いめ)」

 

 

入院に至った経緯や

もう保安官でなくなったこと等

すべてを受け入れます。

 

薬漬けにされているという妄想も解除

「どっちがいいんだろうな?

モンスターのまま生きるか

ここの2種では治らない。

善人として死ぬか」とつぶやいたあと

罰として手術を受け

モンスター人格を殺す。

ここを出ようと主治医に言うのは

第三の治療法をみつけに行こう!ということでしょうか。

 

しかし

50年以上経た

現在の精神科医療には

シャッターアイランドが

一患者の妄想ではなく

そのまま生きていて

これが一番のホラーですね。

 

宮腰沖北相「裸で議員宿舎訪問」のPTSD解離行動を自戒

宮腰光寛

沖縄北方相は

2007年に

深夜

酒に酔って

議員宿舎内の他の議員の部屋に入り

服を脱ぎ

その状態で廊下に出て

他の議員の部屋のインターホンを押したなどと報じた

週刊文春の報道について

 

30日午前の記者会見で

「深く反省している。

ご迷惑をおかけした方々には改めておわび申し上げたい」と

述べました。

 

「重要課題に緊張感をもって務めてまいりたい」というのは

【解離】しないようにという自戒です。

 

 

解離行動は

完璧な無意識行動ではないので

うそぶく人が多いけど

本人には予防が可能なのです。

 

直木賞『ファーストラヴ』児童性虐待PTSD殺人だからこそ見えないトラウマの構造

第159回直木賞受賞作品ですが

 

「父親殺し」の画像検索結果

 

精神分析でいう

父親殺しがテーマです。

「父親殺し」の画像検索結果

 

でも

殺害したのは女の子で

エディプス(男)コンプレックスではない。

主人公の臨床心理士が謎を解いてゆきます。

10代から臨床心理学に興味があり

いつか「精神分析」で小説を書きたかった。

登場人物はみな

心の闇を抱えていて

それを作家は

「心の傷」「トラウマ」と明言したうえで

トラウマが問題になるのは

フロイトの精神分析の領域であり

今はPTSDと呼ぶ。

トラウマがない人にもわかる作品を書いたと語ります。

主人公のように

自分のトラウマがわからない人が多いが

傾聴すれば

抑圧したものが浮かび上がる。

主人公は

女子大生で

リスカと虚言癖が顕著だという設定です。

 

一般にはリスカを見ると

激しく感情が動くものですが

主人公の母親は

「鶏に襲われた」という主人公の話を

あの子はぼうっとしているから

変な怪我が多いのだと

鵜呑みにし

 

トラウマを与えた父親と娘の関係にも

「ノーベル平和賞」の画像検索結果

性被害PTSD予防は人類の大問題

 

見て見ぬふりをして助けないことで

本人を追い詰めてきました。

こういうことが多いと

精神科医や臨床心理士に取材して知った。

 

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校だけではなく家庭にも傍観者がいる。

主人公は

臨床心理士から

トラウマに関する質問をされても

よく知っているはずなのに

「え❓」という反応ながら

『なぜそんなこと訊くの❓』

隠すつもりはないので

答えているうちに

矛盾点が浮かび上がり

精神分析でも「脱線」を分析してゆきます。

偶然と片づけていたことが

無意識による【抑圧】

加害者によって仕組まれたワナであったことに気づきだし

受け止めがたい事実

 

「気持ち悪い」という言葉が出てきますが

「ムカつく」と片づける程度を超えたもの

なぜ今そう思ったのかわからないと

混乱し涙が出てきます。

 

こんな作品を仕上げることができた作家さんは

知らないうちに結婚が決まっていて

びっくりしたことがあるそうですが

そのせいか

一度離婚して同じ人と再婚

婚約したとき

「酔ってたのかも」とのことです。

主人格は居眠り中(-_-)zzz

 

お酒が好きで

受賞のお祝いにもお花ではなくお酒が届くほどだそうです。

 

飲むと

訊きにくいことも遠慮なく質問できるのは

プチ解離の有効利用かもしれず

「プチ解離マーニ...」の画像検索結果

『思い出のマーニー』

親切心からとはいえ

土足でズカズカ侵入され

太っちょ豚!とつい本音💦

軽い多重人格性が

執筆に貢献しているのかもしれません。

 

 

「おらはおらでひ...」の画像検索結果「おらはおらでひ...」の画像検索結果

この作品も

脳内多重人格の話