カテゴリー別アーカイブ: C.G,ユング

静岡県立大学看護学生のPTSD解離性死体遺棄も『仙人と妄想デートする』なのか?

事件については昨日書きましたが

 

その直前に

縁あって出会った書物が

これでした。

 

「仙人と妄想デー...」の画像検索結果

 

 

確かに

医療が進歩したと言っても

治らない病気だらけで

苦しむ患者さんが多く

昔以上に

こころのケアが必要になりました。

こころのケアというのは

傷ついたこころのケアですから

PTSD予防ということになります。

 

こころのケアとは

どのようなものなのかということですが

 

「キューブラー・...」の画像検索結果「キューブラー・...」の画像検索結果

 

支援者の

「傾聴」に支えられて

苦難のなかで

自分で納得できる哲学をつかむことができたとき

こころの痛みが消えるというのが

教科書的な常識です。

 

しかし

本書は

 

「無名の人々の真剣な営みのなかに

哲学を発見すること」

つまり

哲学を支援者が提供します。

 

しかも

「妄想のなかに入り込んで」

「デートする」

 

 

支援する側の気分の落ち込みを癒やすために

「亡くなった赤ちゃんとのコンタクトを回復しようとします」

「産湯に浸って

ふわーって浮かんで

「ちょっと泳いでみようか」ってぴゅーってしてると

ほんとに赤ちゃんが穏やかな表情で

あのお地蔵さんみたいなかわいい表情になって

そういう表情を見てると私たちが

すごくなんか「うー」ってなってる気分が少し

気持ちが楽になるんですよね。

で、みんな結構そうなんですよ」

「生まれてきたぞ、そして亡くなったぞ」と

声をかけながら、その短い一生の証人になります」

 

これでよいのでしょうか。

 

私には

苦しみの只中にある人を癒やす

幻想(イメージ・ヴィジョン・夢)という

聖なる場所への

 

「ヴィジョンユン...」の画像検索結果

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果

(ヒロインは

周囲が見守るなかで

自分に向き合い

幻覚や夢を見ながら哲学しました)

 

冒涜でないかと感じられます。

 

優秀な学生さんが

「どうしていいかわからなかった」と

解離行動をさせられてしまうような

根本的な哲学的混乱が

今の看護教育のなかにあるのではないでしょうか。

 

そう感じさせられた事件でした。

 

#日本ユング心理学会 ( #JAJP )は電気ショックPTSDの夢を見るか?

 

9月3日の研修会の

参加者が少ないとのことで

締め切り延長の

お知らせメールが来ました。

 

ユング派の資格は昔からあって

精神分析医の資格以上に

(フロイト派)

自負心が強いものだったのですが

 

 

2つめの資格もできていたみたいです。

教授と准教授みたいな関係でしょうか。

 

そして

今後は

臨床心理士の資格以外に

公認心理師の資格も取得するのでしょうか。

 

資格は更新制なので

こういうところに

しょっちゅう出入りして

ポイントを集めねばならず

大変でしょう。

 

研修会での話題はいろいろですが

「病態水準」を再考しようという

分科会もあります。

 

 

臨床心理学は

アンチ精神医学だったので

 

「診断」しないのを旨としていたのですが

(診断しなくても

きちんと傾聴すれば

自己治癒力で治るし

間違うとレッテル張りになって

病理を固定させてしまう)

 

「境界例」が増えてきたころから

(神経症と精神病のあいだ)

「あれ」では

何を指しているかわからないので

「人格障害」等と呼ぶようになりました。

 

その後

ハーマンが

それは

虐待を原因とするPTSDだと主張し

DVシェルターでも

『心的外傷と回復』が読まれていたわけですが

 

ユング派が

そういうのは

重ね着症候群で

実は「発達障害」だったとか

 

象徴が使えてないとか

主体性がないとかと片棒を担ぎながら

発達障害の偽の流行を

支持してきたわけです。

 

そもそも

ユングという人こそが

統合失調症のような経過を辿ったあとに

その壮絶な体験を

『変容の象徴』等に

昇華させたわけですが

 

自伝を読めば

容易にトラウマエピソードが浮かびあがってきます。

 

まずは

ユングだけは

ぬいぐるみをかぶった発達障害ではなく

PTSDでもなく

正真正銘の統合失調症だったと

証明する必要がありそうですね。

 

 

タイトルは

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』人気SF作品

『発達障害は張り子の羊の夢を見るか?』ユング心理学者の遊び

からでした(^.^)/~~~

「アンドロイドは」の画像検索結果

 

 

児童性虐待PTSD予防図書としての『風と木の詩』から40年

全国の児童相談所が

2016年度に対応した

児童虐待の件数は

12万2578件で

前年度より

1万9292件(18・7%)増え

26年連続で過去最多を更新中です。

 

京都精華大学の学長である

竹宮恵子さんは

 

漫画家だった頃に

読者からの手紙で

世の中には

壮絶な児童性虐待があることを知り

 

苦労して

(過激すぎるとして「ボツ」にされる…)

 

「風と木の詩」の画像検索結果

 

『風と木の詩』を世に出しましたが

 

「風と木の詩」の画像検索結果

 

少年同士の恋愛ばかりが注目され

(普通の恋愛にすると

ヤンママ物語に移行してしまうので

話がややこしくなるための苦肉の策だった)

 

WHOからも目をツケられそうになりました。

(発禁の危機)

 

「LGBD」の画像検索結果

 

先見の明がありすぎると

こういう目に遭いますが

竹宮さんは

そんなことは覚悟していたそうです。

 

凄いですね。

 

鑑みれば

 

「エディプス王」の画像検索結果

 

エディプス王の物語も

そのまま読めば

近親相姦のタブーですが

フロイトは

「エディプスコンプレックス」という

(西洋男性限定でしたが)一般にもみられる

現象という視座を

提示したし

多くの人は

そんな興味で見ないから

演劇として成り立ち

今でも人気があるわけですよね。

 

『風と木の詩』がよいか悪いかではなく

養育者から

小児性虐待を受けたジルベールのような子が

この世に存在しているということが

大問題なのです。

 

馴れ馴れしく近づいてくるかと思えば

急に突き放したりする性格は

「人格障害」の特徴であると言われますが

 

ハーマン同様

竹宮恵子さんも

その原因が

児童虐待にあり

 

「手に負えない子」として

施設に入れられたりすることも多いけれども

適応できないばかりか

他児に自分がされたことをするなどして

負の連鎖してゆくことを

 

充分ご存知だったわけです。

 

「明日ママがいな...」の画像検索結果

 

『明日ママ』では

流石にそのまま表現されませんでしたが

(経験者は「甘い!」と批判していました)

 

ヒロイン「ポスト」には

赤ちゃんポストに捨てられた子という意味以外に

「ポスト風と木の詩」も

こめられていたかもしれません。

 

発売された時代は

被害児らが

この作品に出会い

正しく意味を読み取って

救われたそうです。

 

癒やしの場は

かたちを変えて

気づかれない場所に存在しているのでしょう。

新潟の会社員(38)がPTSD解離自殺に選んだ豪華列車「四季島」🚉

午前3時40分ごろ

JR東日本の

豪華寝台列車

「トランスイート四季島」が

新潟県五泉市馬場町の

JR磐越西線を走行中

 

新潟市西区上新栄町の

会社員男性(38)と衝突

現場付近に約2時間半停車しました。

 

運転士は

「人が横たわっているのが見えて

ブレーキをかけたが間に合わなかった」と

話しています。

 

「車輪の下」の画像検索結果「歯車芥川龍之介」の画像検索結果

 

無意識的に

見えない大きな歯車に吸い込まれて

亡くなる人が絶えません。

 

大きな歯車とは何でしょうか。

 

「トランスイート...」の画像検索結果「トランスイート...」の画像検索結果

この車両は

木材や和紙など

日本の伝統的な素材の内装で

桧風呂があったりします。

 

製造費は

上野駅の専用ホーム「13.5番線」や

専用ラウンジなどの整備費を加えると

100億円以上だそうです。

 

お金が動く

日本的なるものに病巣があるという

(伝統文化はよいものですが)

メッセージでしょう。

なんとなく

昨日の事件と

連動しているような気がします。

 

「厚労省局長刺殺」の画像検索結果「厚労省局長刺殺」の画像検索結果

(厚労省の長(元医師)ですからね)

 

 

殺人があれば

自殺もありますから。

 

「氷河鼠の毛皮」の画像検索結果「宮沢賢治」の画像検索結果「表が鼠の毛皮」の画像検索結果

 

経済も大事だけれど

「無法はやめろ」ということですね。

 

 

「安倍政権崩壊カ...」の画像検索結果「公認心理師」の画像検索結果

 

 

安倍政権の置き土産「無法」ですが

受取拒否は

誰にでもできますよ。

 

2017/8/12「CAの声が震えていた」 全日空機が緊急着陸でPTSD予防

羽田空港発伊丹空港行きの

全日空37便が

午後6時に離陸後

羽田空港に引き返し

緊急着陸するトラブルがありました。

離陸時に

後方部から

爆発音のようなものが聞こえ

緊急降下のアナウンスが流れ

酸素マスクが降りてきて

機長からは

「油圧計のトラブル」と説明があったそうですが

 

「一番怖かったのが

CAのアナウンスのときの声が震えていたことです」と

乗客が証言しています。

 

「沈まぬ太陽」の画像検索結果「御巣鷹山 飛行...」の画像検索結果

 

事件後に入社した職員が

8割なんて

報道されてますが

 

それは「意識」的なお話で

 

今でも

象徴的な日であることには

変わりありません。

 

忘れないことは

よいことです。

 

厚労省女性局長(56)が精神科通院歴のある弟(52)にPTSD解離刺殺されるという象徴的事件発生💀

午前5時20分ごろ

東京都港区高輪2のマンションの一室で

厚生労働省関東信越厚生局長が

刺殺され

 

直後に

「人を刺した」と

119番通報した弟(52)が

逮捕されました。

 

精神科通院歴がある弟が

調子を崩したので

様子を見に行って

刺されたようです。

 

 

象徴がつかえない発達障害が増えているとのことですが

(象徴がつかえる=治療可能)

 

「アクチベーショ...」の画像検索結果

 

なんとも

象徴的な事件ばかり起こるものですね。

 

「厚労省厚生局」の画像検索結果

「厚労省厚生局麻...」の画像検索結果

 

向精神薬も取り締まりましょう。

 

 

ろくな使われ方をしておりませんよ。

 

そして

PTSD予防教育を推め

このような悲劇を回避いたしましょう。

京阪電鉄千林駅の葬儀場住民訴訟と多発するPTSD解離人身事故

「葬儀の場は必要だし

営業の自由も理解している。

けれど

もう少し

住民に配慮してもらえたら」

「窓を開けたり

洗濯物を干したりする気にならない」

 

京阪電鉄の

駅から東へ徒歩1分の場所にある

葬儀場が

周辺住民に提訴されました。

 

人身事故があまりに多いのに

 

PTSD発症リスクを【否認】されているので

 

 

葬儀屋さんも

「陰陽」の画像検索結果

 

ハレとケの感覚が

麻痺したのでしょう。

 

京阪本線は

2日前にダブル人身事故でした。

 

 

「おけいはん」の画像検索結果

 

人身事故が多すぎて

「安心して生活できない」

「早急に対応を!」と

 

国や研究機関に訴えてはいかがでしょう?

 

昨日西武池袋線でPTSD解離自殺したのも若い男性

9日

午前11時20分ごろ

埼玉県入間市野田の

西武池袋線元加治駅構内で

男性が

快速急行列車にはねられ

全身を強く打って死亡しました。

 

免許証から

日高市の20代男性と

判明したそうです。

 

 

男性がホームから線路上に飛び降りるのを発見

急ブレーキをかけたが間に合わなかった

運転手もトラウマになりますね。

 

死刑執行官と同じように

特別手当を出して

その後は

自宅休養で

PTSD予防するべきだと思います。

 

 

「若い人が自殺」の画像検索結果

「若い人が自殺」の画像検索結果

 

日本は

若い人が死にたがる

異常な国になりました。

 

若いし

(うつ病ではない)

 

 

「特攻隊」の画像検索結果「安倍ヒットラー」の画像検索結果

 

象徴が使えてますから

発達障害じゃないですね。

 

美深警察署の副署長がPTSD解離性万引きで失職も大人の発達障害なのか

北海道

名寄市のホームセンターで

家庭用品を

万引きしたとして

美深警察署の副署長(57)が

現行犯逮捕されました。

 

万引きは

そのものが欲しくて

行うものでもないと

知られていますが

 

白髪染めや漂白剤など

2625円相当」だとか。

 

「陰陽」の画像検索結果

 

染めるものと

脱色するものですね。

 

犯行前には

別の商品を購入していたそうなので

何かリセット等の

意味がありそうで

 

 

象徴性が感じられるので

大人の発達障害ではなさそうです。

 

人目を気にして

顔や耳まで染めながら

無理をしている人が多いようですが

 

「ヘアーカラー危...」の画像検索結果

 

頭には要注意みたいですね。

 

お騒がせノエル少年また逮捕!「ドローン」のPTSD的象徴性と発達障害

2015年

インターネットで

「祭りにドローンを飛ばす」と示唆

逮捕された少年(19)が

今度は

東京都内の

既に死亡している男性の

空き家に侵入した疑いで

逮捕されました。

「ドローン少年」の画像検索結果

 

少年には

問題行動をネット配信する習性があります。

 

どうしても

やめられないわけですが

ありふれたアル中とかの依存症と違い

流行に便乗したオリジナリティが感じられますから

「象徴」が動いています。

 

 

発達障害に見えても

こういうのは

予防も治療も可能な

PTSDなのです。