カテゴリー別アーカイブ: PTSDと哲学に関する論文

無差別殺傷事件後の藤枝市高洲南小学校スクールカウンセラーのこころのケア(PTSD予防)とは?

藤枝市で

小学生の男の子が

集団下校中に切りつけられた事件

 

逮捕された少年が

「小中高といじめられた腹いせにやった」

スクールカウンセラー制度に救済されなかった。

「誰でもよかった」と

供述していますから

いじめPTSDによる

無差別殺人未遂事件ですが

 

高洲南小学校では

事件が起きてから

「眠れない」

「うなされる」といった症状を訴える

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

児童が相次いでいるので

スクールカウンセラーを常駐させるなどして

児童の心のケアに取り組むことにしているそうです。

 

こころのケアとはPTSD予防のことですが

 

とんでもないこころのケアをする専門家もいますよ。

 

「PTSD予防SOS」の画像検索結果

心療内科に送り

薬漬けに

こころのケアには

由緒正しい哲学があるのです。

 

「PTSD予防SOS」の画像検索結果「天皇陛下ご公務...」の画像検索結果

 

どんなこころのケアなのか

確認してみましょう。

 

あなたと大切な人たちを守るのに

とても大事なお話です。

 

米研究者らは遺伝子操作でアメフラシをPTSDにすることに成功

米研究者らは

海に住む軟体動物の

ジャンボアメフラシの個体から

「ジャンボアメフ...」の画像検索結果 危険を察知すると美しい墨を吐く

尻尾に軽い電気ショックを与え

防御反応で体を縮ませるように訓練

(行動療法の基礎としての条件づけ)

身体を触られただけで50秒収縮

「ノックアウトマ...」の画像検索結果 ノックアウトジャンボアメフラシ

 

別のジャンボアメフラシに

遺伝子のRNA(リボ核酸)を使い

記憶を移植することに成功し

身体を触られただけで40秒程度収縮

米科学誌「eNeuro」に掲載されました。

 

長期記憶は

これまで

脳内の神経細胞同士の接合部にある

シナプスに蓄えられていると考えられてきましたが

神経細胞のに蓄えられていると主張

 

アルツハイマーやPTSDの影響を

軽減する取り組みに役立てたいと考えているそうです。

「予防PTSD」の画像検索結果

ショックから防御反応が起こり

定着したのがPTSD

タバコやアルコールを嫌うようにはできそうですが

 

「アルコール嫌う...」の画像検索結果「タバコ嫌う薬」の画像検索結果

禁煙薬で交通事故が起きた報告あり

神経細胞の数が違い

アメフラシの神経細胞数は約2万

人間は約1000億

脱感作を埋め込むことはさらに困難でしょうが

フラッシュバック等の

条件づけられた反応を薄めてゆく

 

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

 

アメフラシを

遺伝子操作で

PTSDにすることは可能らしいということですね。

 

敗戦利得PTSD

高畑勲氏が亡くなられたそうです。

 

 

この絵は

『かぐや姫の物語』のときのものでしょうか。

 

「かぐや姫の物語」の画像検索結果

 

 

 

 

ジブリのかぐや姫論が

私とまったく同じでとてもびっくりしたのを覚えています。

 

ネット上では

「敗戦利得」という言葉が出てきていますが

「渡部昇一敗戦利...」の画像検索結果

渡部昇一によって広まった言葉

そのことで悩み

PTSD予防することで

個性化する人もいるということですね。

座間事件後も金剛山で女子中学生が練炭心中 PTSD予防教育はいつしますか?

大阪府

千早赤阪村の

金剛山の林道で

23日午後

大阪市此花区の中学3年の女子生徒(15)が

千葉市の20歳代の男性と

車内で

練炭心中しました。

 

座間の事件後も

「座間」の画像検索結果

根本的に考えようとする機運がないから

こんな事件が続くわけです。

連日ように

都市機能を麻痺させる

人身事故と同じ

 

遺書を書く未もないという

現状は悲しすぎますね。

 

 

「炭」の画像検索結果

本来は

こころをほっこり癒す温かいものなのに…

 

山や炭が選ばれるのにも

宗教的な意味があるように思います。

 

 

「かぐや姫PTSD老...」の画像検索結果「かぐや姫PTSD老...」の画像検索結果

炭焼きの

老賢者と出会えると

かぐや姫となり

個性化できるのに

 

米沢市立第二中学教諭飲酒ひき逃げ逮捕で「こころのケア」方法は『古事記』から復習

山形県の

米沢市立第二中学校教諭(55)が

昨年12月24日

午前9時50分ごろ

会社員男性(39)の乗用車に追突し

そのまま逃走

約20分後

主婦(64)の乗用車に衝突して

首に軽傷を負わせて

逮捕され

帰省中の

大学生たちも

いろいろ事件を起こしています。

PTSD問題には境界がないので

大人の発達障害と間違われます。

 

「事故を起こしたことは覚えている。

飲酒が発覚すると思って逃げた」と話しています。

 

解離していても

実は意識があるのです。

米沢市教育委員会は

「生徒、保護者をはじめ

多くの方々にご迷惑をかけ

深くおわびしたい。

今後

生徒の心のケアと再発防止に全力で取り組んでいきたい」と

コメントを出しました。

 

ここのところ

急にPTSDという言葉を目にするようになりましたので

自由連想として

「こころのケア」も復活したのでしょう。

 

こころのケアとは

誤解が多いですが

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

さきほど

茨城県沖で地震があったそうですが

阪神淡路大震災で生まれた言葉で

PTSD予防を意味します。

 

 

エビデンスは古事記にありますよ✨

 

スサノヲが暴れたのを

「お酒に酔っているからでしょう」と言うような

アマテラスは治療されました。

先生が逮捕されたのも

お酒に酔っていたからではないですね。

 

このあたりから

お勉強し直すのに

よいきっかけです。

 

東村山市の河川敷で乳児殺害未遂の35歳PTSD解離母逮捕

産まれたばかりの

男の赤ちゃんを

河川敷に埋めるなどして

殺害しようとした疑いで

母親が逮捕されました。

 

5日前には

静岡県立大学の

看護学生も逮捕されましたね。

 

「明日ママ」の画像検索結果

 

こんなドラマを放映してはいけないという

騒ぎがありましたが

 

現実はもっと過酷です。

 

「殺す気はなかったが

土をかけたのは殺すことと同じだと思います」と

解離していたようですが

 

赤ちゃんの頃に

死ぬような恐怖心を味わい放置された記憶は

深刻だと思います。