ハーマン『心的外傷と回復』第一原則 

それは
【力(パワー)を与えること】
です。
支援者は
助言をし
支持をし
(指示じゃないですよ!)
そばにいて
立会い
手を添え
助け
温かい感情を向け
ケアしますが
その是非は
PTSD患者本人の
判定により

決まります。
そして
たいていは
失敗に終わります。
なぜか?
いろいろありますが
現状は
非常に
初歩的な段階で
つまづいているようです。
つまづいているは
もちろん
専門家です。
①医療モデルにのっとっている
 誤診→投薬&指示→ …?!
 心理療法モデルはラポール&傾聴で診断はありません。
②パターン化された支援をしている
 マクドナルドのマニュアルみたいな感じかな
 「母子寮行くの?行かないの?
  行かない?!じゃあどうするの!!!」
決定的なのが
③お説教をしてしまう
お説教は
力を与えるどころか
わずかに残っている力を
奪ってしまい
回復困難に陥らせることを
意味しています。
支援されるものと
支援するもの
という
構図に
からめとられる
ワナ
があるんです。
二元論 
ではなくて
一太極二陰陽
で超えていくのが
必殺技です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です