ハローワークのセクハラ相談員がセクハラ

大阪労働局は
昨日
部下の女性職員に対する
セクシュアル・ハラスメントが
あったとして
府内の公共職業安定所で
統括職業指導官(課長級)だった
男性職員(50)を
停職1カ月の懲戒処分としたと
発表しました。
男性職員は
当時職場内の「セクハラ相談員」
でした。
8月に被害がわかり
男性職員がセクハラを
大筋で認めたため
同10月に部下のいない役職へ
降格異動させたそうです。
セクハラが
相当多いということを
もうそろそろ
認めるべきです。
認めないから
こんな役職にありながら
世間を馬鹿にした
行動を
取るのです。
被害者が
PTSDで
その二次被害で
どれだけ
苦しんでいるか。

加害者に甘く
被害者に過酷な
セクハラです。

刑事事件には
ならないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です