因幡の白兎⑤ 医療が強化する【解離】

おおくにぬしのみことは

うさぎに

河口へ行って
真水で体を洗い
そこに生えている
蒲の花粉を取って
その上で寝るといいと
教え

うさぎが
教えられた通りにすると
体は元通りに治りました。

うさぎは
おおくにぬしのみことに
「ヤガミヒメは
八十神ではなく
あなたを選ぶでしょう」と
言いました。

たとえば
不眠症だったら
なぜ眠れないのか
その人の日常を科学的に
考察し
症状に応じた治療を
しなければなりません。

それを顔も見ないで
診断し
それに基づいた治療をし

痛い痛いと言っても
聴かないし…

苦痛や絶望から
暴れでもしたら
【うつ病】もたちまち
【統合失調症】に書き換えられる始末で
(最近の朝日新聞)

あまりにデタラメですよね。

痛みを【否認】してたら
【解離】になりますよ。

本人の無意識が応急処置として
しかたなくするならともかく

医療現場での指示が【解離】なんて

あまりに変すぎる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です