DV被害児のトラウマと箱庭療法

DVシェルターにやってくる子は
箱庭大好きです。

外部の方々は
「疲れてて
したくないんじゃないの?」って
言います。

私も最初そう思ってました。
【二次被害防止】のために
こちらからは何も聴くなするなと
重々言われてましたし…

でもこれって
【うつ病】の発想ですね。

本物のうつ病なら
何もしたくないし
何もできないです。

ただただしんどいって
感情反応があるだけ。

こちらも
無理させちゃいけません。

休養が必要です。

そして
精神科で投薬治療してもらわねば
ならない対象です。

でもDVシェルターの子どもたちは
時にはけんかになりそうなくらい
箱庭表現をしたがります。

 
なぜでしょう。

表現され
受容され
理解されることで
自己融解したいと
待ち構えている
トラウマ
(心的外傷)

あるからです。

「自分の世界創るって
気持ちいい!」って
言ってますよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です