デカダンスに想うPTSD克服環境① デカダンス

デカダンスは

フランス語
decadenceからで

【退廃】です。

日本語から受けるイメージは
あまりよくないですが
 
「無」とか「空」に繋がるものの
フランス版で

本来は
哲学的で
よい言葉だと思います。
 ― 一生、そこに浸ってはいけませんが
  【個性化の過程】のある時期において… 

19世紀末に
既成のキリスト教的価値観に懐疑的で
芸術至上主義的な立場の
一派に対して使われたんです。

でも
21世紀に
その一派にいて
デカダンスを気取ってたら
化石と映る。

PTSDに関しても
この迷いが
案外多いなぁって
思います。

自分の頭と身体だけで
考える人だけが本物で

その人にしか
この病は克服できないと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です