中島みゆき『異国』 ①歌詞

とめられながらも去る町ならば

ふるさとと呼ばせてもくれるだろう

ふりきることを尊びながら

旅を誘うまつりが聞こえる二度と来るなと唾を吐く町

私がそこで生きてたことさえ

覚えもないねと町が云うなら

臨終の際にもそこは 異国だ

百年してもあたしは死ねない

あたしを埋める場所などないから

百億粒の灰になってもあたし

帰り支度をしつづける

悪口ひとつも自慢のように

ふるさとの話はあたたかい

忘れたふりを装いながらも

靴をぬぐ場所があけてある ふるさと

しがみつくにも足さえみえない

うらみつくにも袖さえみせない

泣かれるいわれもないというなら

あの世も地獄もあたしには 異国だ

町はあたしを死んでも呼ばない

あたしはふるさとの話に入れない

くにはどこかときかれるたびに

まだありませんと うつむく

百年してもあたしは死ねない

あたしを埋める場所などないから

百億粒の灰になってもあたし

帰り支度をしつづける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です