さまざまな症状即PTSD

器質的問題がないのに
起こる




―今では【解離】と呼ぶのかな?

精神分析が誕生する
きっかけになったのは

アンナの症例

治療の後半
なぜだか
コップから水が飲めなくなった。

公務ができない。
学校に行けない。

一見
テンでバラバラな感じですが

すべて【解離】で説明がつくなんて
なんてシンプルな理論でしょうか。

これも

PTSD研究家翠雨の日記

一即多  多即一

一緒くたの原理です。

華厳経です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です