自己実現法としての感官のコントロール②摂食障害の意図

PTSD研究家翠雨の日記
摂食障害
とくに拒食症がなぜ起こるか?
食べられなくなるほどの
心因=トラウマがあるからです。
それを克服するために
無意識のなかに
溜め込まれた情報

 ―お釈迦さまも  ←仏教開祖
  マホメッドも  ←イスラム教開祖
  イエスも    ←キリスト教開祖
 ガンジーも     ←インドを独立に導いた
 偉業を成し遂げた人はみな断食をしているのです。
それを無意識のうちに
自分にも取り込もうとする
からです。
つまり自然治癒は始まっているのです。
 ―拒食しようとすること自体は
  健全な反応です。
ただ過去の天才と違い
それが充分正しく行われきれていないところに
問題があります。
この点が理解されていないので
なかなか治癒に至らないのです。
 ―絵を描かせたり
  箱庭を置かせたりしときながら
  その意味を掬い取ろうとせず
  病院ぐるみで食べさせようとするのが
  普通です。
  箱庭の学会では
  そういう論文が奨励賞取るんです。  
やめるかやめないか
二元論では解決しないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です