『竹取物語』ほのかに光る竹の節といのちの血脈

目覚めると
視界の一部に
水辺の光の反射みたいなのが
ある。
頭痛?
貧血?
見え方をあれこれ
試していると…
右腕のひじの内側が
暗闇に光っている
のだと
わかった。
PTSD研究家翠雨の日記
不摂生のせいかもしれないけど
チックみたいな
血管の一部の動き

見えることって
ありますよね。
そして
その上の皮膚が波打ってたんです。
 ―波打つんですね。
  知らなかった!
  
『うわぁ、神秘的ドキドキ』  ←創れる状況じゃないけど
           試してみることお奨めします!
仏性やアッラーや創造主なんて
無意識にある真の自己にすぎない!
なんて偉そうに喝破してますが
生命の神秘を感じました。
『生きてるんだなぁ』
生かされてるんだなぁって方が
正しいかも
そして
竹取の翁がいつも行く
竹林でほのかに光る竹の節をみつけた
っていうのは
こういう感覚の
無意識による
文学的比喩表現だったのではないかな?
と感じました。
『竹取物語』の分析研究
ほったらかしにしてましたあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です