教会に消火器投げ込みの容疑者逮捕とうつ病誤診社会

PTSD研究家翠雨の日記

大阪府警池田署に連行される
容疑者(中央29歳)です。

近畿地方で
プロテスタント系の
キリスト教教会に消火器や石を
投げ込んだことは認め

牧師に自分の願いを聞いてほしかった。
72件やった」と
供述しています。

警察は
事件の背景には
教会に対する恨みが
あった可能性が高いとみて
動機を調べるそうです。

是非そうしてほしいですね。
処罰よりまずは原因究明です。
原因が分かればこころからの反省もできますし
  ― 日本人の罪の意識は
    仏教の
    アジャセコンプレックスからできてます。
    罪と罰の西洋二元論では納得できないのです。

類似の事件予防にもなります。

この事件は
何回か記事にしましたが

とても象徴的な事件だと思います。

キリスト教に罪はないのですが

臨床心理学に
間違ってキリスト教哲学が
持ち込まれたという弊害で
すべての説明がつくのです。
 ― つまりは持ち込んだ側の責任です。

日本人のこころを傾聴せず
豊かでやわらかな仏教・神道文化に
キリスト教のメスをあて
断罪するのを一刻も早く
やめさせねばなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です