七夕に想う永遠のトラウマの克服法

♪「たなばたさま」のうた
五色の短冊とは
やはり
五行説にあてはめた五色でしょう。
(緑・紅・黄・白・黒)
PTSD研究家翠雨の日記
本家中国では
五色の糸をつるすそうです。
 ― 大相撲では垂れ幕(黄色は土俵) ←織姫と彦星みたいな危機!
  寺や寺院にも5色の布ありますね。
象徴的な1つの
宇宙をそこに具現化したものです。
 ―その守られた空間で遊ぶことが大事です。
  巨大な箱庭療法ですね。
  日本中がリカちゃんハウス状態です。
節句の1つでもあります。   ←文化がPTSDを癒す
人日(1月7日)
上巳(3月3日)
端午(5月5日)
七夕(7月7日)
重陽(9月9日)
織姫は天帝の娘で
機織の上手な働き者の娘
夏彦星(彦星、牽牛星)も
わし座のアルタイルで
働き者
天帝は二人の結婚を認めますが
うれしくて楽しくて
働かなくなったんですね。
PTSD研究家翠雨の日記
男女も陰陽
恋愛は大事ですが
そこで完結してたら        ←自己完結を嫌うのです。
太極図が腐ってしまいます。
常に【一太極二陰陽】で
変化してゆかねば
PTSDになってしまう国なのでね。 ←永遠のトラウマがあるのです。
働くは
はたらく=傍を楽にするで ←織ともかけてある?
外に向けて発展していくことです。
天帝は怒り
二人を天の川を隔てて引き離しました。
 ―反省させるためですね。
  生産的な罰です。
今日だけは会うことを許されてますが
雨が降ると
天の川の水かさが増し
逢えませんね。
 催涙雨というそうです。
二人に【投影的同一視】する日本人は
天帝に負けず(古い常識・殺仏殺祖)
花火やろーそくもらい(北海道)で
助けようとするのです。
【水剋火】の法則で
火は弱いのですが
強化したら勝てるって発想ですね。
ちゃんとルールを守りながら
常識と闘ってきたのですよ。
PTSDの闘いの伏せんは
ここにもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です