DV防止法保護命令申し立て書をつかいましょう!

DVはブラックボックス
みたいなもので
当事者からして
それがDVだと気づいてない  ←りっぱな犯罪被害者
ことが多い。
DVという言葉を知っていて
自分が暴力に苦しんでいても
DVという言葉と
自分の置かれた状況が
結びつかない。         ←これがワナ。
どうもDVだと
わかったとしても
『どうしようもない』と思ってしまう。 ←上に同じ
子どももいるし
働いたこともないし
どこまでも追いかけてくるだろうし ←人権侵害の理由にならない

おまけに
裁判所で手続きなんて
ハードルが高すぎる…しょぼん       
一般的な被害者の素朴な
意見でしょうが…
裁判所に提出する用紙さえ手に入れたら
いいのです。
裁判所に行って
「DVの保護命令書下さい」って
言ってみてください。
 ―「DV保護のやつ」とかでも  ←ブロークンジャパニーズ  
  通じます!
  
市役所や警察でも
丁寧に教えてくれますよ。
一般市民に書けるように
なってますが
DVで疲れてて
読みづらいことが
多いです。
信頼できる人に
読んでもらったりしながら
ゆっくり書いてみましょう。
できますよ。
できるようになってるんですよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です