玉に瑕のC.G,ユング

ユングは凄いと思う。

尊敬に値する。

このブログの第一の趣旨である
ユング心理学の欠点というのは

日本のユング派資格取得者と
その人たちにぶら下がる人達の
やり口について言っているわけで
 ―①いい加減なユング理解を
  ②日本文化に翻訳せずおしつける。 
  

ユングが自分のために
あるいはクライエントのためにしたことは
崇高な行為であると考えている。

しかし

たった1つ気になることがある。

ユング派はいいところはマネせず
この点だけをマネたのだ。
 ―親子関係と似ているあせる

だから
もしユングが生きていたとしても
本人には言わないが

ここには書いておきたい。

アフリカで
原住民のお祭りに参加し
不安になって
それをとめさせた
こと

これがいつもこころにひっかかる。

自分の感性を超えていたからだろう。

ユング派は
自分の感性を超えた
自己実現をしようとするPTSDに
脅威を感じ
 ―自分たちは集合的無意識のなかで
  上手に適応してるから。

ユングの前例があるから
(人は窮地に立たされると
簡単に都合のよい前例を思いつく
ようにできている)

安直に転ぶのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です