『生きながら火に焼かれて』のスアドさんの事例

PTSD研究家翠雨の日記

17歳で恋をし
妊娠した
ヨルダン人
スアドさんは

彼女の家族から
名誉を汚した罰として
火あぶりにされました。

しかし
ヨーロッパの人権保護団体によって
奇跡的に救出され

(字は書けないので)     ←この地の女性は学校に行きません。
記憶を筆記してもらいました。

記憶の想起には
思いがけない治癒効果があり
(彼女は分析医よりよいと言います)

幸せな結婚をし
第二の人生を歩んでいます。

母親とは
人間らしい会話など
したことがありませんが
 ―3人以上の女の子は要らないので
  7人は殺したような母親
  この地では普通らしいが
  無表情の意味がよくわかった…  

ご自身の娘さんとは
あれこれ本当によく話すそうで
(恋愛の危険も幸福も)
娘さんは彼女を受け入れ
彼女も娘さんに妙な投影を起こさず
一人の女性として対応します。

さらには

同じように
「名誉の殺人」という
忌まわしい因習の犠牲者に
なっている
年間6000人以上の少女たちのために
活動されています。

日本にも
【臨床心理士】じゃなくて
【口述記録師】がいたら
いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です