消えた老人ミステリーと解離性遁走

朝日新聞の天声人語です。
日本では毎年
8万件の捜索願が出され
身元不明の遺体が千体見つかるそうだ。
「ふらりと出たまま」から
「どこの誰やら」へ。
漂泊のうちに
肉親の記憶は色あせ
実名は無名に漂白される。
長寿大国の名が泣く
怪事である。

PTSDによる
解離性遁走は
案外多いかもしれません。
加齢による認知症でしょうって?
仙台では
エリート青年医師が
仕事も部屋も放置ししたまま
蒸発して
殺人事件を起こして
逮捕されましたが
本名と違う名前を
平気で名乗っています。
その青年医師は
若年性痴呆でしょうって?
解離性遁走を起こすのは
若くても
年老いていても
PTSDです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です