女性暴行死させた少年の解離と集団心理の異常性

名古屋市のアパートで
4月
仲間4人と
住人の女性(当時42)を
殴るなどし死亡させたとして
傷害致死罪に問われた少年(19)の
裁判員裁判で

懲役4年以上7年以下
(求刑懲役5~10年)の
判決が言い渡されました。

裁判官は
金属バットなどで暴行し
写真撮影したことに触れ
「被害者の人格を無視し
遊び感覚、面白半分で
犯行に及び
非常に悪質だ」と
述べました。

加害者のなかには
死亡女性の弟(36)も
いました。

女性の恐怖や無念さは
どれほどのものだったでしょうか。

これだけの暴行が
できてしまうのは
極めて異常です。

解離性障害に
集団心理が働くと
恐ろしいことになると
いうことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です