強盗致傷の時効直前に逮捕された2人のPTSD

兵庫県西宮市のスーパーで
2000年10月
衣類を万引し
警備員2人にけがを負わせたとして

33歳の男性会社員と26歳の女性が
逮捕されました。

強盗致傷の公訴時効(10年)まで
あと約1カ月でしたが

現場に残っていた
衣類の値札の掌紋が
逮捕につながりました。

警察の科学捜査は
DNAも見方につける時代

PTSDのトラウマと同じで
時効はあるようで
ないも同然です。

10年前二人は
家出中だったそうで

こころのケアが
必要だったのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です