河合隼雄の【PTSDと傾聴】

朝日新聞の天声人語が
河合隼雄の『大人の友情』
引用している。

友人の定義は

「夜中の12時に
自動車のトランクに
死体をいれて持ってきて

どうしようかと言った時

黙って話に乗ってくれる人」

    …

要するに
【解離】のあとをみて      ←殺人

『トラウマによるものだ。
どんな悲しいトラウマがあって
こんな風になっちゃったんだろう。
知らなかったよ。
ごめんね』と思い

傾聴する人のことでしょう。

人格障害だとか
アスペルガーだとか言って
矯正治療や
薬漬けにする専門家は

世間の友人以下ですね。

朝日新聞はまだ
河合隼雄が好きみたいですね。

ならば
PTSDですよ。
傾聴ですよ。

先生喜ばれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です