宗介のつくりかた ~NHK五歳児の富士登山

毎年夏

5歳児(年長組)が
富士山登山に挑戦する
保育園があります。

教育方針は
「身体を動かすこと」        ←あたまでっかち防止

園庭の裸足教育をはじめ  ←自分の足の裏で大地をつかむ
一日中、身体を使って遊びます。   ←本当の意味での瞑想

今年30回目を迎えるのが
『卒業記念登山』

保護者も一緒に登りますが
自分の子に
一切手を貸してはいけません。

子どもたちは
一列の隊をなし
自分の力で
日本一の山の頂を目指します。     ←日本一を超えるドキドキ

過酷な山に挑むことで
互いを見つめ成長します。       ←わがままにはなりません

  …

ポニョの自己実現を助ける
宗介も5歳

監督は
5歳児を主人公にしてよいものか
それで物語が成り立つのか
危惧したそうです。

でも大成功!

5歳の子のまっすぐさ
純粋な目が
今一番大事なのです。

PTSDの傾聴にも
大事な視点です。

いらんことばっかり
言う人多すぎるから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です