「大原はだか祭り」落雷ショックにPTSD予防ケアを!

千葉県いすみ市の

江戸時代から続く
伝統の祭りが     ←PTSD予防教育のためにあるのですが…
落雷で一瞬にして暗転   ←こころの自然の源【本来の自然】

やけどをした人
血を流している人もいますし

周囲には焦げたような
においが漂っていて

小学校の体育館に運び込まれた
担ぎ手たちは
震えが止まらず
しばらくは
顔も青ざめたままです。

目撃者も恐怖に震えていました。

「地面から電気が伝わって
足がビリビリし
約2メートル吹き飛ばされた」

「足がしびれて立てない」

こころのケアが必要でしょう。

PTSD予防は
天災にも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です