PTSD時代と『断捨離』の呪文

家の中には
使わないモノ
どこかからもらってきたモノなど
たくさんの「ガラクタ」が   ←ユング派が箱庭にも応用してました。
あるので             (結果【発達障害】になります)

使わないモノを捨てて
本当に必要なモノだけに
絞り込んでから

不要なモノの流入を断つことで

ストレスを取り除き
毎日を快適に過ごすための
考え方・ノウハウが「断捨離」

だそうです。

$PTSD研究家翠雨の日記

いい響きですね。
そして
【解離】が大流行の
今の日本人のこころに
すごく響くのだと思います。

$PTSD研究家翠雨の日記

本当は
すてていいのか
いけないのか

いるものなのか
いらないものなのか

根本から
こころの整理をするのが
必要なのですが

合理化の波ですね。

トラウマにつきあったり
PTSDの人に振り回されるよりは

薬を飲んでもらって
「あの人ビョーキだから」ですませる。

それがスマートな考え方なのでしょう。

恐ろしいことなんですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です