両陛下ご見学の日本一小さな五重塔と箱庭療法

平城京の遷都1300年を祝う式典で
長らく奈良にご滞在でした。
最終日の昨日は
「室生寺」にある
日本で一番小さい
高さ16メートルの五重塔などの
国宝をじっくり見て
回られました。
$PTSD研究家翠雨の日記
仏も大事ですが
さな建物も大事ですネ。
 
奇しくも
昨日の発表の事例の女の子も
急に建物と人間の大きさが
気になって
「巨人の国と小人の国」って
言ってました。
終盤
トラウマティックな記憶そのものだった
父の家が小さな家になって    ←聖書にもある無意識的表現
「あれっ?」って
思ったんですね。
日本の象徴である
天皇
象徴を創る
陰陽五行や
仏教の
空の思想は
机上論じゃなくて
歴史的建造物にも
ありますからね。
現代建築より
耐久性に優れているのです。
医学も芸術も
すべてがそこから
導き出されているのに
人間のこころだけ別というなら
それを証明する義務がある。
箱庭療法学会でも
この主張が通って
うれしかったドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です