精神分析におけるトラウマと気づき

PTSD研究家翠雨の日記

精神分析では
ここに寝て

後ろにいる     ←見えない存在
分析医に
思いついたことを
脈絡なくしゃべります。
 ―キリスト教の告白っぽい構造

分析医は
解釈しながら
気づきがおこるような
言葉がけをします。 

操作的かつ上から目線目

間違うと
マインド・コントロールになる。
 
大事な事は

気づきが起こって
行動が変化し
人生がガラリと変わることです。

生まれ変わるんですね。
象徴的な意味で。

仏教では華厳の【開演】などと
書かれています。

開演されなければ
トラウマが永遠に【再演】されます。

ソファ(カウチ)は贅沢の象徴らしいです。
たしかに贅沢な治療です。

これを受ける人も
増えてきたようです。
 ―唯一絶対の方法ではないですよ。
  念のため…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です