PTSD型薬物依存症リンジー・ローハン禁固刑ではなくリハビリ施設へ

$PTSD研究家翠雨の日記

保護観察期間中の
薬物検査に落ちたリンジーは    ←自力の限界

30日間の禁固刑を
命じられる可能性がありましたが

リハビリ施設
「ベティー・フォード・センター」からの報告と
リンジーが書いた手紙から

2011年の1月3日まで
同施設で治療を続けることに
なりました。

抜き打ちの薬物検査は
これからも続行です。

治療と検査
しっかり配備されていますね。

  ―日本にはありませんから
  油断すると増上慢が起こります。
  自分でしっかり手綱を引き
  自戒することです。

涙を流しながら感謝するリンジーに
  ―アジャセコンプレックスは
   海外にもあるのですね。

判事は
「あなたが新年をそこで迎えるのには
理由があります。
あなたは中毒者です。
それを自分で理解していることを
望んでいます」と発言

リンジーは泣きながら
うなずいていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です