朝日新聞『獅子頭』第二百三話 演歌も【象徴】

演歌は
中国人には
せつなく感傷的で
いささかの絶望感を
帯びているように
聴こえるらしい。
言われてみれば
これは悪しき
前時代的な
【集合的無意識】の化石
そのものかも
知れません。
★50代~60代以上に
支持されている。
★日本の大衆音楽のジャンルの一つ
★「艶歌」や「歌」とも呼ぶ。
 ―トラウマティック!
  中島みゆきみたいに
  まずは怨んで呪詛しないと
  治らないのにねニコニコ
★日本的なイメージを大切にするため
和服を着用することが多い。
本来は
演説歌の略で
政治などを風刺してたようですが
今は
男性が古きよきセクハラ時代を
 ―ひどい扱いに
  耐えてくれる。
懐かしみ
女性が嫌悪する
そんな感じかな?
 ―こころが動くのは
  象徴が生きてるからです。
おばさま方に
「かわいいドキドキ」って言われる
人気の逆バージョンや
ビジュアル系も  ←紅白のド派手衣装競演
あるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です