秋田で逆恨みから弁護士殺傷PTSD解離男性

66歳の容疑者男性が
弁護士の自宅に押し入り
剪定ばさみのようなもので
刺しました。
物置からは
爆発物とみられるものも
見つかってます。
★殺意を否認
★「もみ合っている時に刺さった」と
  言ってます。
カーっとして
(解離して)
(気づいたら)
刺さってたってことでしょうね。
容疑者の妻から
離婚の相談を受け
7、8年前に容疑者の離婚訴訟を請け負って
いたそうです。
弁護士さんも
PTSDを知ってないと
命が危ない時代になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。