『シンデレラ』は児童虐待の普遍性が生んだ物語

父親を亡くし
母親や姉たちから
召使のようにこき使われる

ところから
物語が始まりますね。
ユング心理学が
流行し始めた頃
本当は【継母】ではなく
【実母】とすべきだが
それではあまりに
生々しすぎるから
【継母】にしてあるのだと
聞いたことがあります。
グレートマザー
 ―【太母】と訳されてるのは
$PTSD研究家翠雨の日記
  陰陽を意識してのことでしょう。
  育む(陽)作用と
  呑みこむ(陰)作用

  誰にもありますが
  そのバランスが違います。
最近になって
グレートマザーのネガティブな
側面が強まっています。
そして
夫を亡くしたショックで
PTSDになり
小児虐待に至った症例
とも
読めるようになってきました。
姉たちも
ヒステリー反応を起すから
 ―恐怖とともに
 【条件づけ】が起こります。
母親という
女王さまを中心とした
DV王国ができてしまうのですネ。
正気のシンデレラが
灰を被るのです。

 ―シンデレラ=灰かぶり
 
「火の粉を払う」とか言いますが
払えなかった子が
自己実現する物語です。
火のそばにい続けるのが
結果的にはよいのです。
 ―意識や女性性の象徴です。
傷ついた正気の子にだけ
読めるストーリがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です