携帯依存症で逮捕された懲りないPTSD解離女性

$PTSD研究家翠雨の日記

バスに乗ることは
日常ですね。

携帯も現代人の必須アイテムの1つです。 
 ―私は持ったことないですが…汗

千葉県船橋市内を
走行中の路線バス車内で
15日
携帯電話の使用を注意された腹いせに
催涙スプレーをまき散らし逃走した
会社員の女(34)のことは
既にUPしましたが

傷害容疑で逮捕されたこの女性

乗務員の間では
有名な“携帯電話魔”だったそうです。

依存症は
【否認】の病
ですから

こっけいなくらい
懲りないのです。

事件翌日も    
 ―事件当日
 「金払ってるんだから乗る権利がある」って
  開き直った挙句の
  催涙スプレーに
 運転手はバスを止めて
  追いかけてます。
  つまり警察に突き出すつもりだったのです。

素知らぬ顔で
バスに乗り込んだところを叫び
通報されたのですが

警官の降車要求も
一時間拒否
「確かに催涙スプレー撒いたが
 注意の仕方が悪い!」叫び

依存症って怖いでしょ?

PTSDの1つの表れ方ですが
こういう事情のため

境界性人格障害って
言われたりします。
 
真面目に闘病してる人には
迷惑千万パンチ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です